越前和紙|福井県和紙工業協同組合 電話:0778-43-0875 FAX:0778-43-1142 E-Mail:info@washi.jp メール トップページへ サイトマップへ
技術
越前和紙〜千五百年の技と用具〜特集ページへ
トップページ > 技術 > 技法 > 漉き掛け・漉き入れ法

(技法)―漉き掛け・漉き入れ法

漉き入れ法写真
「華」を混ぜて漉き上げている様子(漉き入れ法)

漉き掛け法は、雁皮の地紙に藍染めの紙料を雲状に漉き掛ける打雲を原点とする技法で、楮などの繊維をとじて作った「華」を地紙に漉き掛けた大礼紙オボナイ紙に代表される。同じ名称でも、襖大礼紙は手ちぎりの楮繊維を漉き掛けたもの。
漉き入れ法は、漉く紙料の中に「華」を混ぜて漉き上げる技法で、御大典のおりの考案された楮薄様紙大典紙は、手ちぎりの楮華を漉き入れたもの。種々の雲竜紙系統の原点となった。
漉き掛け、漉き入れられる華の素材は、楮・三椏・ユガラ・杉皮・化繊・そばがら・金銀箔・雲母など多種多様である。

» 福井県指定無形文化財 技術保持者:三代目 岩野平三郎氏

越前和紙|福井県和紙工業協同組合ロゴ
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
TEL:0778-43-0875 / FAX:0778-43-1142 / E-mail:info@washi.jp
Copyright (c) 2004-2017 福井県和紙工業協同組合 All rights reserved