越前和紙|福井県和紙工業協同組合 電話:0778-43-0875 FAX:0778-43-1142 E-Mail:info@washi.jp メール トップページへ サイトマップへ
技術
越前和紙〜千五百年の技と用具〜特集ページへ

(技法)―墨流し

漉き入れ法写真
水の上に同心円を描いてる様子(墨流し)

墨流し紙もさまざまな漉き模様技法の原点の一つとされる。
水の上に、墨(絵の具)の筆と松脂の筆を交互につけて、同心円を描く。次に、息を吹きかけたり扇子で風を送って同心円を崩しながら模様を作る。
模様が出来たら、和紙の中心から静かにのせていき紙全体を水面におく。和紙に模様を移した後、静かに引き上げると墨流し紙が出来上がる。

» 福井県指定無形文化財 技術保持者:福田忠雄氏

越前和紙|福井県和紙工業協同組合ロゴ
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
TEL:0778-43-0875 / FAX:0778-43-1142 / E-mail:info@washi.jp
Copyright (c) 2004-2017 福井県和紙工業協同組合 All rights reserved