越前和紙|福井県和紙工業協同組合 電話:0778-43-0875 FAX:0778-43-1142 E-Mail:info@washi.jp メール トップページへ サイトマップへ
技術
越前和紙〜千五百年の技と用具〜特集ページへ
トップページ > 技術 > 技法 > 漉き込み・漉き出し法

(技法)―漉き込み・漉き出し法

漉き入れ法写真
型紙を紗に張って漉いている様子(漉き込み・漉き出し法)

模様を彫り込んだ型紙を紗に張って漉いた上掛けを地紙に漉き合わせる工芸紙で、この技法は、越前では江戸時代に完成していた。近来は、紗に直線模様をつけて漉き出す方法もとられている。
上掛けが模様になるのが漉き込み、地紙が透けて模様になるのが漉き出し
型紙は、手掘りと写真版とがあり、手彫りのほうが模様が出やすく長持ちするが、難しい模様は写真版が多く、また、写真版により筆文字のかすれなども表現できるようになった。

越前和紙|福井県和紙工業協同組合ロゴ
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
TEL:0778-43-0875 / FAX:0778-43-1142 / E-mail:info@washi.jp
Copyright (c) 2004-2017 福井県和紙工業協同組合 All rights reserved