越前和紙|福井県和紙工業協同組合 電話:0778-43-0875 FAX:0778-43-1142 E-Mail:info@washi.jp メール トップページへ サイトマップへ
 
PDFファイルを表示するにはAdobe AcrobatReaderが必要です。 »こちら
Adobe AcrobatReader のダウンロード
トップページ > イベント&トピックス2019

イベント&トピックス

2014年 | 2015年 | 2016年 | 2017年 | 2018年 | 2019年

5月W神と紙の郷の春祭りW開催します!
(記事掲載:2019年4月9日)
5月3日〜5日は、福井県無形民俗文化財に指定されている紙祖神岡太神社・大瀧神社のW神と紙の郷の春祭りWが、古式のままに斎行されます。
 
〜福井県無形民俗文化財「神と紙の郷の春祭り」〜
期間
2019年5月3日(金)〜5日(日)
会場
内容
2019年神と紙のまつりチラシ裏1500年前、越前五箇の里人に紙漉きを教えたとされている紙祖神・川上御前を祀る岡太神社・大瀧神社の春祭りです。
 
2019年神と紙のまつりチラシ表 和紙の里通りイベントも盛りだくさん♪♪
・恒例の越前和紙大掘り出し市!
・傘踊りや民謡で華やかに!
・こども太鼓に、ヨサコイフェスティバルも!
・県内高校書道部による書道パフォーマンスや、吹奏楽部のコンサートでにぎやかに!
・クラフト体験や各種展示も充実してます!
・無料の観光地回遊バスが運行されます!
 
(主催:神と紙のまつり実行委員会 0778-43-0875 )
 

ゴールデンウィークはぜひ越前和紙産地で賑わいましょう!!

 
売店「和紙処えちぜん」臨時休業のお知らせ
(記事掲載:2019年3月23日)
3月30日(土)は「和紙処えちぜん」棚卸のため、誠に勝手ながら臨時休業とさせて頂きます。
なお、紙漉き体験工房「パピルス館」は、通常営業致しております。
お客様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
 
企画展「×和紙(KAKERU WASHI)」のご案内
(記事掲載:2019年1月28日)
期間
2019年4月20日(土)〜5月27日(月)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日(5/5は開館)
入館料
大人200円(団体150円)・高校生以下無料・障がい者手帳をお持ちの方は150円
※紙の文化博物館との共通料金
内容
毎年恒例となった『×(かける)和紙展』
今年のテーマは「触れる和紙」
各事業所で様々な和紙を漉いている越前和紙青年部会の職人が集結し、それぞれの感性と知識を活かし創り上げます。
越前和紙青年部会として、若い感性で和紙の可能性を提案して産地の活力をPRしていきたいです!
 
企画展「局紙ー明治生まれの越前和紙」のご案内
(記事掲載:2019年1月28日)
期間
2019年2月6日(水)〜3月25日(月)
会場
紙の文化博物館 2階展示室※毎週火曜日休館日
入館料
大人200円(団体150円)・高校生以下無料・障がい者手帳をお持ちの方は150円
※卯立の工芸館との共通料金
内容
数ある越前和紙のなかでも、とりわけ厚手でしっかりとした密度のある紙、名刺やカード、卒業証書などに使われる紙を、局紙(きょくし)と呼んでいます。
「局紙」の名称は、大蔵省印刷局に由来します。近代日本の紙幣用紙として明治の初めに政府主導で開発された、比較的新しい、西洋の製法を取り入れた紙です。近代国家の幕開けと共に、紙に求められる用途や性質も、今までと異なるものとなりました。越前和紙の産地では、近世以前の漉き場と比べて大規模な工場が建設され、株券や商品券、賞状等の用紙として局紙の生産が始まり、産地を代表する重要な紙となっています。
この企画展示では、越前和紙の近代化を象徴する紙である局紙とそのなりたちを、局紙を漉くためのさまざまな道具や資料を展示しつつご紹介します。あわせて1階の生活提案コーナーにて「いま」の局紙を知るための商品とその使い方を示し、越前和紙の懐の深さと魅力を表現します。
 
【主な展示品】太政官金札・第5回内国勧業博覧会二等賞牌(西野弥平次)・株券、商品券、グリーティングカード等見本(重要文化財)・局紙用紙漉き道具(漉桁、組子、枠板など、重要文化財)
【生活提案コーナー展示】decor wasi・名刺あれこれ(局紙を使った名刺の作成例)・越前市章透かし入り卒業証書・フォト和紙〉〕
 
お問合せ先:
紙の文化博物館(TEL 0778-42-0016)
 
「第31回今立現代美術紙展アートキャンプ2019春展」募集のお知らせ
(記事掲載:2019年1月28日)
募集日程
書類締切日:2019年2月28日(木曜)必着
参加者通知:2019年3月初旬 ※電話またはメールにて通知
応募人数
10名程度(グループ可)
その他
お問い合せ
IMADATE ART FIELD(今立現代美術紙展実行委員会)
担当:増田頼保まで
書類送付先:915-0228 福井県越前市大平町2-4-89
TEL:090-1394-9964
E-mail:imadate.af@gmail.com
URL: https://imadateartfield.wixsite.com/imadate
 
「第31回今立現代美術紙展アートキャンプ2019春展」募集チラシ_表「第31回今立現代美術紙展アートキャンプ2019春展」募集チラシ_裏
 
小津和紙ギャラリー特別展
「装飾料紙を極める〜越前の技にて平安時代の羅紋・打雲・飛雲・いろ紙を復元〜」のご案内
(記事掲載:2019年1月16日)
期日
2019年2月18日(月曜)〜23日(土曜)
10 :00〜18:00※初日は15:00〜、最終日は〜15:00まで
会場
小津和紙(東京都 TEL:03-3662-1184)
その他
特別揮毫作品展示:黒田賢一氏 高木厚人氏 土橋靖子氏 横山煌平氏 渡辺墨仙氏
【紙漉き体験】2月22日(金曜)・23日(土曜)10:30〜15:00/※有料(500円)・予約不要(先着20名)/越前和紙伝統工芸士福田忠雄氏指導による墨流し体験を行います
 
特別展「技を極める〜越前和紙が創り出す装飾紙の世界〜」DM1
 
越前和紙|福井県和紙工業協同組合ロゴ
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
TEL:0778-43-0875 / FAX:0778-43-1142 / E-mail:info@washi.jp
Copyright (c) 2004-2018 福井県和紙工業協同組合 All rights reserved