越前和紙|福井県和紙工業協同組合 電話:0778-43-0875 FAX:0778-43-1142 E-Mail:info@washi.jp メール トップページへ サイトマップへ
技術
越前和紙〜千五百年の技と用具〜特集ページへ
トップページ > 技術 > 製造工程 > 3.灰汁だし・晒し

製造工程

製造工程ー1.水浸け・洗い 製造工程ー2.煮る 製造工程ー3.灰汁だし・晒し 製造工程ー4.塵選り 製造工程ー5.叩解 製造工程ー6.紗紙 製造工程ー7.圧搾・乾燥 製造工程ー8.仕上げ

3.灰汁だし・晒し(あくだし・さらし)

灰汁だし写真
(灰汁だし)
 
晒し写真
(晒し)
← 前の工程へ次の工程へ →

煮熟は皮の中の繊維質以外のリグニンやペクチンを鹸化(けんか)して水に溶けるようにする工程なので、煮熟を終えた皮は、水に入れて溶け出すものを洗い流す工程が必要になります。
この灰汁(あく)だしによって煮熟工程で溶け出した各種の不純物も洗い流され、濃い褐色の皮は次第に白くなる為塵取り(ちりより)がしやすくなります。

[晒し](さらし)
煮熟と灰汁出しを終えた皮は淡い褐色をしています。この色を生成り(きなり)の色と言い、このまま用いるのが生漉き(きずき)です。光沢と共にこの独特の深い色は、皮に含まれるヘミセルロースの働きであり褐色の全てを不純物扱いするのは誤りであります。灰汁出しと水洗いが充分行われていれば、漉いた紙に変質も無く寿命も長くなります。これを未晒し・水ざらしともいっています。

越前和紙|福井県和紙工業協同組合ロゴ
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
TEL:0778-43-0875 / FAX:0778-43-1142 / E-mail:info@washi.jp
Copyright (c) 2004-2017 福井県和紙工業協同組合 All rights reserved