越前和紙|福井県和紙工業協同組合 電話:0778-43-0875 FAX:0778-43-1142 E-Mail:info@washi.jp メール トップページへ サイトマップへ
活動
−越前和紙を後世へ−活動タイトル
越前和紙産地の活性化と後継者育成に努めています。

W楮・梶・三椏プロジェクトWスタート

W楮・梶・三椏プロジェクトW集合写真

和紙組合・福井県・越前市・五箇地区まちづくり協議会が主体となって、和紙の里にふさわしい景観づくりと、将来にむけた和紙原料の確保づくりとして、楮・梶・三椏プロジェクトを立ち上げました。その第一弾の景観づくりとして、平成25年11月23日に、三椏の苗50本を大滝地区の表通りに植樹しました。翌年以降、和紙の里通り周辺や、道路わきの空いたところに、三椏を植樹していく予定です。今後は、梶を植樹し、古代の紙漉きにも挑戦したりしていく予定です。

植樹の様子 植樹の様子 植樹の様子」
 

「越前長屋」と「越前てわざ工房」

いろいろな美術工芸紙

1500年の伝統を誇る越前和紙を学ぶ若者を受け入れるため、越前和紙産地には宿泊施設「越前長屋」と、体験施設「越前てわざ工房」があります。紙すきの後継者を育てるため、越前和紙伝統工芸士の教えの下、長期滞在で作品作りに取り組む拠点として活用されています。時がとまったような趣のある同施設で、歴史と伝統が受け継がれていくことが期待されます。

※作品作りに関するお問い合わせは、卯立の工芸館まで

体験施設「越前てわざ工房」
体験施設「越前てわざ工房」
宿泊施設「越前長屋」
宿泊施設「越前長屋」
 

卒業証書漉き

卒業証書漉き風景

越前和紙産地にある岡本小学校を創めとする越前市内全小学校では、伝統工芸越前和紙を学ぶ活動として恒例行事となる「卒業証書漉き」を行っています。紙漉きを体験して、越前和紙に触れることが越前和紙発展の第一歩で、後継者育成へと繋ぐ第一歩になります。

楮の紙料と簀桁
楮の紙料と簀桁
卒業証書用紙完成品
透かし入り耳付卒業証書
※この用紙に加工・文字が入り卒業式で本人の手に渡る
 

産地小学校の取り組み

芽かき作業風景

1980(昭和55)年から「卒業証書漉き」を行っている越前和紙産地にある岡本小学校には、1984(昭和59)年に「紙漉き室」が設けられました。毎年、「紙漉きウィーク」と呼ばれる期間には、敷地内にある岡本幼稚園も含め、学年ごとに紙漉きの実習が行われます。
2006(平成18)年には、原料となる楮の栽培から触れてもらうため、組合青年部を含む地元の越前和紙産業に携わる方達の協力を得て、小学校の中庭に楮が植えられました。また、「PTA紙漉き部会」結成は、越前和紙後継者育成活動の大きな手助けとなっています。

各学年の課題
学年紙漉き体験原料作り体験備考
幼稚園絵漉き 【学校目的】
地域の伝統産業に対する理解を深めると共に、地域に対する愛着心や誇りを持つことへ繋がるような活動を続けていくことを目的としております。
 
【その他】
左記以外にも工場見学へ行ったり、和紙職人を先生として招き越前和紙の歴史を学ぶ授業を盛り込んだりしています。
1年生ざる漉き 
2年生はがき2枚漉き 
3年生はがき4枚漉き 
4年生表紙漉き 
5年生流し漉き楮芽かき
楮刈り取り
楮皮剥ぎ
6年生共同絵漉き
卒業証書漉き
楮黒皮剥ぎ
 
12月:楮刈り取り作業風景
5先生:楮刈り取り作業
6月:黒皮剥ぎ作業風景
6年生:黒皮剥ぎ作業
幼稚園:絵漉き風景
幼稚園:絵漉き
4年生:表紙漉き風景
4年生:表紙漉き
5年生:流し漉き風景
5年生:流し漉き
6年生:共同絵漉き風景
6年生:共同絵漉き
越前和紙|福井県和紙工業協同組合ロゴ
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
TEL:0778-43-0875 / FAX:0778-43-1142 / E-mail:info@washi.jp
Copyright (c) 2004-2013 福井県和紙工業協同組合 All rights reserved