越前和紙|福井県和紙工業協同組合 電話:0778-43-0875 FAX:0778-43-1142 E-Mail:info@washi.jp メール トップページへ サイトマップへ
種類
越前和紙〜千五百年の技と用具〜特集ページへ
トップページ > 種類 > 局紙(きょくし)

紙漉き職人»局紙を漉いている職人を探す

局紙(きょくし)

明治の初期、大蔵省抄紙局に越前から8名の紙漉工が技術指導に招かれて、研究の結果、新技法による紙幣用紙の製造に成功した。この「局の紙」局紙は、紙質が緻密で印刷適性と耐久性にすぐれ、紙幣・株券として世界一と云われている。紋様・文字の透かし込みも多用される。証書、カード、美術印刷用、さらには水彩画用として漉かれている。

例えばこんな使い方
免状用紙
賞状、表彰状、免状、様々な分野で広く使われてる。
 
名刺
和紙の風合い・柔らかさ等が備わった名刺として広く使われている。
越前和紙商品:「一枚漉き耳付名刺(月桃)」 越前和紙商品:「耳付名刺(綿花)」
 
カード
プレゼントにちょっとメッセージを書き添えたり、料理の説明書きなど、様々なアクセントとして活用されるカード。
越前和紙|福井県和紙工業協同組合ロゴ
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
TEL:0778-43-0875 / FAX:0778-43-1142 / E-mail:info@washi.jp
Copyright (c) 2004-2017 福井県和紙工業協同組合 All rights reserved