越前和紙|福井県和紙工業協同組合 電話:0778-43-0875 FAX:0778-43-1142 E-Mail:info@washi.jp メール トップページへ サイトマップへ
 
PDFファイルを表示するにはAdobe AcrobatReaderが必要です。 »こちら
Adobe AcrobatReader のダウンロード
トップページ > イベント&トピックス2015

イベント&トピックス

2011年 | 2012年 | 2013年 | 2014年 | 2015年 | 2016年 | 2017年

2016年 越前和紙漉き初め式のご案内
(記事掲載:2015年12月17日)
2015年漉き初め式の様子新年における越前和紙業の繁栄を祈願する恒例の「漉き初め式」。明治終わり頃までは、それぞれの漉き屋で行われていました。元日に汲み取った 岡太神社・大瀧神社の上宮(奥の院)のわき水W御神水Wを漉き舟に流し込み、伝統工芸士の手によって新年の紙漉きが始まります。
2016年の「漉き初め式」は、1月5日・卯立の工芸館で行います。
(写真は、2015年漉き初め式)
 
年末年始休業のお知らせ
(記事掲載:2015年12月10日)
誠に勝手ながら下記の期間、年末年始休業とさせて頂きます。
休業期間中は何かとご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
【福井県和紙工業協同組合】
2015年12月30日(水)〜2016年1月5日(火)
 
【和紙処えちぜん】
2015年12月28日(月)〜2016年1月4日(月)
 
「楮の刈り取りと皮はぎと紙漉きの体験」
参加者募集中!!
(記事掲載:2015 年11月10日)
期日
2015年12月12日(土曜)
9:00〜15:00
会場
パピルス館(集合場所)
参加費
2,000円(弁当・和紙原料代他)
※参加費は、当日お支払いください。
お願い
作業着・長靴・エプロン・軍手・タオルなどは、ご持参ください。(寒さ対策もお願いします)
申込締切
12月4日(金曜)
お問合せ
福井県和紙工業協同組合(TEL:0778-43-0875)
「楮の刈り取りと皮はぎと紙漉きの体験」申込書
 
「楮の刈り取りと皮はぎと紙漉きの体験」チラシ
 
「越前モノづくりフェスタ2015」
に出展します
(記事掲載:2015 年9月10日)
期間
2015年9月19日(土曜)〜21日(月曜・祝日)
10:00〜17:00
会場
サンドーム福井 (越前市瓜生町 0778-21-3106)
その他
越前和紙では、伝統技法 「墨流し」体験(伝統工芸体験コーナーにて)を行います。皆様のお越しをお待ちしております。
» 「越前モノづくりフェスタ2015」公式サイト
 
越前モノづくりフェスタ2015チラシ
 
「越前和紙特別講演会・研修会」のご案内
(記事掲載:2015年9月7日)
〜越前和紙特別講演会〜
演題
ガンピの増殖法と栽培について
講師
樹木医 今井三千穂氏(元福井県総合グリーンセンタ-林業試験部長)
期日
2015年9月1 8日(金曜)19:00〜
会場
パピルス館 2階(お問合せTEL:0778-43-0875)
内容
現在、国内における和紙の原料等(雁皮・楮・三椏)の生産者の減少・高齢化などで生産量が激減しており、原料の栽培・収穫は、和紙生産者自らが行わなければならない事態に追い込まれるかも知れません。
今回は、永年、和紙原料の栽培の研究をされておられる樹木医の今井先生による講演会を開催します。改めて雁皮の種類や性質、栽培方法をお聞きしたいと思います。
皆様のご来聴をお待ちしております。
 

見学者・研修者を募集します!(9月8日と10日より10日間)
ご希望の方は、各実施場所にご参集下さい!

〜ガンピの煮沸〜
期日
2015年9 月8日(火曜)午前8:30〜
会場
パピルス館後ろ 作業所
(お問合せ:和紙組合 TEL:0778-43-0875)
内容
作業は、木灰から灰汁を取るところから行います。
 
〜チリ取り作業〜
期日
2015年9月10日(木曜)より10日間
作業時間
10:00〜15:00
会場
卯立の工芸館  ※毎週火曜日 休館日
(お問合せ:卯立の工芸館 TEL:0778-43-7800)
※注意 作業場所が限られておりますので、事前にご予約下さい。
内容
作業は、煮沸前と煮沸後の雁皮のチリ取りを行います。
 
ふるさと特用林産物再生事業・越前生漉鳥の子保存会連携事業「越前和紙特別講演会・研修会」チラシ
 
「おもしろフェスタinサンドーム福井2015」
に出展します
(記事掲載:2015年8月4日)
期間
2015年8月8日(土曜)・8月9日(日曜)
10:00〜17:00 入場無料!!
会場
サンドーム福井 (越前市瓜生町 0778-21-3106)
その他
越前和紙は、紙漉き体験コーナーを設けております。
この機会に是非ふくいの伝統工芸にチャレンジしてみてください。
 
おもしろフェスタinサンドーム福井2015チラシ
 
組合夏期休業のお知らせ
(記事掲載:2015年7月23日)
誠に勝手ながら下記の期間、夏期休業とさせて頂きます。
休業期間中は何かとご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒ご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。
 
【福井県和紙工業協同組合】
2015年8月13日(木)〜2015年8月17日(月)
 
※直売店【和紙処えちぜん】は、通常通り営業させていただきます。
 
企画展「Seiko Atsuta Purdue 個展」開催中です
(記事掲載:2015年7月23日)
期間
2015年7月16日(木)〜8月3日(月)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
その他
 
「Seiko Atsuta Purdue 個展」
 
第7回七夕吹き流しコンテスト作品展のご案内
(記事掲載:2015年6月30日)
期間
2015年7月11日(土)〜7月26日(日)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)
会場
入場料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
※紙の文化博物館・卯立の工芸館の入館料込み
その他
『和紙盆栽新作展』・『和紙ちぎり絵展』・『絵てがみ作品展』も同時開催!!そして、景品付き『大賞当てクイズ』は7/19(日)まで♪
 
【お問合わせ】
越前和紙七夕吹き流しコンテスト実行委員会
(TEL:0778-42-0016・紙の文化博物館内)
 
「第7回七夕吹き流しコンテスト作品展」チラシ表「第7回七夕吹き流しコンテスト作品展」チラシ裏
 
〜越前和紙の里かわそさん祭り〜
期間
2015年8月1日(土)〜8月9日(日)
会場
 
「福井県伝統工芸士会連合会展〜越前のわざ〜」
に出展してます
(記事掲載:2015年6月30日)
期間
2015年6月26日(金曜)〜7月8日(水曜)
11:00〜19:00 (最終日は17:00 まで)
※日曜休館日
会場
伝統工芸青山スクエア(1階)
(東京都港区赤坂 :03-5785-1301)
 
» 伝統工芸青山スクエアHP特別展
 
「イサムの漉き織展」
 
企画展「イサムの漉き織展」開催中!
(記事掲載:2015年6月26日)
期間
2015年6月17日(水)〜7月13日(月)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
その他
JUNE Bride に
1500年の歴史に培われた和紙と織物がひとつに融合した「漉き織」。
越前和紙の里 卯立の工芸館にて今年も「イサムの漉き織」展を開催します。福井県が世界に誇る越前和紙と、織物とのコラボレーションが生み出す神秘的な空間をお楽しみください。
 
【イサムの漉き織】
TEL:0778-42-0865 (担当:椿原)
E-mail:tsubakihara.sukiori@gmail.com
 
「イサムの漉き織展」 昨年の漉き折展2
 
「2015 第44回 金沢ペーパーショウ」に出展します
(記事掲載:2015年6月5日)
日時
2015年6月19日(金)・20日(土)・21日(日)
9:30〜17:00
会場
石川県産業展示館(3号館)
TEL 076-268-6695  ※入場無料!
内容
今日の紙文化を 「見て、触れて、楽しむ」ためにあらゆる角度から分かりやすく紹介して、新製品展示やトレンド、実用例の説明、紙による実演、紙文化とエコなど紙文化情報発信の場になっています。
<企画・運営:樺島商店
 
企画展「山野草と和紙の奏でる日本の美」のご案内
(記事掲載:2015年6月1日)
期間
2015年6月12日(金)〜15日(月)※会期中無休
会場
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
その他
〜里山からのメッセージ(草景倶楽部より)〜
越前市は、環境省の推進する里地里山保全再生モデル事業の指定を受けている地域であり、今なお多くの里地里山が息づいている地域でもあります。 現代の生活の中で自然と触れ合う機会は極めて少なくなってきております。私たち草景倶楽部は、日本の原風景とも云われるこの里地里山のすばらしい自然の四季の移ろいを、山野草作品を通して、一人でも多くの方々に伝えられればと願い、“里山からのメッセージ”をテーマに、山野草展を企画しました。このたびは初夏の里山の風景を、1500年にわたり引き継がれてきた越前和紙とのコラボレーションで表現いたします。 新緑薫る初夏の風をご堪能いただければ幸甚に存じます。
 
昨年の山野草〜関連企画〜
■句会■ 6月12日(金)午前10時〜午後2時
於:卯立の工芸館(当日受付/参加費無料)
■茶会■ 6月14日(日)午前10時〜午後2時
於:卯立の工芸館(当日受付※先着200名まで/参加費無料)
 
お問合せ先:
草景倶楽部(TEL 0778-22-6414)
卯立の工芸館(TEL 0778-43-7800)
 
5月3日・4日・5日W神と紙の郷の春祭りW開催します!
(記事掲載:2015年4月17日)
福井県無形民俗文化財に指定されている紙祖神岡太神社・大瀧神社のW神と紙の郷の春祭りWは、古式のままに斎行されます。
 
〜福井県無形民俗文化財「神と紙の郷の春祭り」〜
期間
2015年5月3日(日)〜5日(火)
会場
内容
2015年神と紙のまつりチラシ裏 1500年前、越前五箇の里人に紙漉きを教えたとされている紙祖神・川上御前を祀る岡太神社・大瀧神社の春祭りです。
・2015年の神輿渡り(5日)順路はこちら
・無料の観光地回遊バスが運行されます!
 
2015年神と紙のまつりチラシ表和紙の里通りのイベントも盛りだくさん♪♪
・恒例の越前和紙大掘り出し市!
・こども太鼓に、ヨサコイフェスティバル!
・県内高校書道部による書道パフォーマンスや、吹奏楽部のコンサート!
・5日には、景品多数の越前和紙○×クイズ!
・クラフト体験や各種展示も充実してます!
 
(主催:神と紙のまつり実行委員会 0778-43-0875 )
 

ゴールデンウィークはぜひ越前和紙産地で賑わいましょう!!

 
企画展「×和紙(KAKERU WASHI)」のご案内
(記事掲載:2014年5月7日)
期間
2015年4月22日(水)〜6月8日(月)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日(5/5は開館)
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
※5/3〜5/5は入場無料!
内容
テーマは「大紙×青年部」
各事業所で様々な和紙を漉いている越前和紙青年部会。今回の×和紙では天日干しの大紙に挑戦しました。和紙職人が集結し、それぞれの感性と知識を活かし創り上げました。 加工せず天日干しした和紙そのものの風合いと迫力を感じてください。
越前和紙青年部として、若い感性で和紙の可能性を提案して産地の活力をPRしていきたいです。
 
企画展「×和紙(KAKERU WASHI)」チラシ〜茶会開催のご案内〜
●5月3日(日)・4日(月)限定
●10:00/12:00/14:00より
●参加費500円(人数制限有り)
 
第7回越前和紙七夕吹き流しコンテスト
【公募】のお知らせ (記事掲載:2015年4月8日)
昨年の吹き流しコンテスト作品展示風景やわらかな風合いと、豊富な種類の「和紙」を使って七夕吹き流しを作ってみませんか?個人やグループ、サークルや学校、職場で…、どんどんご応募下さい。きらりと光る力作をお待ちしています!
(写真は、第6回コンテスト作品の展示風景)
 
〜大賞20万円・準大賞10万円・ほか特別賞多数〜
応募期間
2015年4月1日(水曜)〜6月21日(日曜)当日消印有効
作品提出
【搬入期日】2015年7月6日(月曜)〜7月7日(火曜)
【搬入時間】10:00〜20:00
【搬入場所】越前市いまだて芸術館(越前市粟田部町)
応募料
1作品につき2,000円
(払込受領後に、制作素材用の和紙キット又は1,000円分の和紙購入券のどちらか選択していただいたものをお送りします。)
お申込・
お問合せ
越前和紙七夕吹き流しコンテスト事務局(TEL 0778-42-0016)
» 詳細は越前和紙の里ホームページをご覧下さい。
 
第7
    回越前和紙七夕吹き流しコンテスト【公募】チラシ〜和紙販売会のご案内〜
下記日程にて和紙販売会を開催します。
●5月3日(日)〜5日(火) 神と紙のまつり会場(越前和紙の里通り)
●5月30日(土)・31日(日) 10:00〜16:00 「岡本公民館」 TEL 0778-42-1438
 
第19回福井県「越前・若狭の物産と観光展(東京展)」に出展します
(記事掲載:2015年1月6日)
期間
2015年1月22日(木曜)〜1月27日(火曜)
会場
京王百貨7階催事場(東京新宿)
その他
越前和紙の展示・販売を行います。
 
 
第2回福井県「越前・若狭の物産と観光展(大宮展)」に出展します
(記事掲載:2015年1月6日)
期間
2015年1月14日(水曜)〜1月20日(火曜)
会場
そごう大宮店7階催事場(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-6-2)
その他
越前和紙の展示・販売を行います。
1月17日(土)・18日(日)は、紙すき体験会を行います。思い思いの模様にしてお楽しみください。(お一人さま約15分・材料費300円)
 
 
企画展「嶋連太郎展 」のご案内
(記事掲載:2015年1月6日)
期間
2015年1月5日(月)〜3月1日(日)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
その他
越前に生まれ、生涯、郷土を愛し続けた男、嶋連太郎。
嶋連太郎(1870-1940)は、今立郡粟田部町(現・越前市粟田部町)に生まれ、1901年に東京・神田に印刷会社「三秀舎」を創立した人物です。三秀舎は、嶋の熱意と確かな技術で大きく成長。文芸誌「スバル」や「白樺」の印刷も行っていました。一方で、嶋は郷土を愛し、粟田部に花筺文庫(図書館)を建設。郷土産業の越前和紙の販路開拓にも力を入れ、出版社をはじめ、中央に越前和紙を広く紹介してもいました。初代岩野平三郎が配布した、日本画用紙の説明書「新製日本画紙案内」も、嶋のすすめがあったからです(「新製日本画紙案内」は三秀舎が印刷)。
郷土を愛し、そして、印刷を通じて紙と生きた嶋連太郎。彼の生涯を越前和紙との関わりを中心に紹介します。
 
「嶋連太郎展 」チラシ
 
越前和紙|福井県和紙工業協同組合ロゴ
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
TEL:0778-43-0875 / FAX:0778-43-1142 / E-mail:info@washi.jp
Copyright (c) 2004-2017 福井県和紙工業協同組合 All rights reserved