越前和紙|福井県和紙工業協同組合 電話:0778-43-0875 FAX:0778-43-1142 E-Mail:info@washi.jp メール トップページへ サイトマップへ
 
PDFファイルを表示するにはAdobe AcrobatReaderが必要です。 »こちら
Adobe AcrobatReader のダウンロード
トップページ > イベント&トピックス2014

イベント&トピックス

2011年 | 2012年 | 2013年 | 2014年 | 2015年 | 2016年 | 2017年

2015年 越前和紙漉き初め式のご案内
(記事掲載:2014年12月25日)
2014年漉き初め式の様子新年における和紙業の繁栄を祈願する越前和紙の里の「漉き初め式」。明治終わり頃までは、それぞれの漉き屋で行われていました。元日に汲み取った奥の院のわき水W御神水Wを漉き舟に流し込み、伝統工芸士の手によって新年の紙漉きが始まります。
2015年の「漉き初め式」は、1月5日・卯立の工芸館で行います。
(写真は、2014年漉き初め式)
 
年末年始休業のお知らせ
(記事掲載:2014年12月12日)
誠に勝手ながら下記の期間、年末年始休業とさせて頂きます。
休業期間中は何かとご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
【福井県和紙工業協同組合】
2014年12月30日(火)〜2015年1月5日(月)
 
【和紙処えちぜん】
2014年12月28日(日)〜2015年1月3日(土)
 
「全国伝統工芸祭inSAGA」に出展します
(記事掲載:2014年10月25日)
期間
2014年11月21日(金曜)〜24日(振休・月曜)
10:00〜17:00
会場
炎の博記念堂(有田町)/伊万里・有田焼伝統産業会館(伊万里市)ほか
その他
 
「全国伝統工芸祭inSAGA」(表)「全国伝統工芸祭inSAGA」チラシ(裏)
 
福井テレビトントンまつり『ふくい青年中央会まつり』にて紙すき体験行います!!
(記事掲載:2014年9月27日)
期間
2014年10月5日(日曜)
9:00〜16:00
会場
福井問屋センター
その他
越前和紙青年部会が、紙すき体験(ハガキ作り)を行います。みなさま、是非!お立ち寄りいただき、和紙すき体験してみて下さい♪
» 「福井テレビトントンまつり」公式サイト
 
福井テレビトントンまつり『福井青年中央会まつり』チラシ(表)福井テレビトントンまつり『福井青年中央会まつり』チラシ(裏)
 
「越前モノづくりフェスタ2014」
に出展します
(記事掲載:2014年9月5日)
期間
2014年9月13日(土曜)〜15日(月曜・祝日)
10:00〜17:00
会場
サンドーム福井 (越前市瓜生町 0778-21-3106)
その他
越前和紙の販売、紙漉き(伝統工芸体験コーナー・10:00〜16:00)を行います。恐竜ペーパークラフトづくりもありますよ。皆様のお越しをお待ちしております。
» 「越前モノづくりフェスタ2014」公式サイト
 
越前モノづくりフェスタ2014チラシ
 
企画展「須田剋太展」のご案内
(記事掲載:2014年8月26日)
期間
2014年9月6日(土)〜11月3日(月・祝)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日(9月23日は開館)
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
その他
須田剋太(1906-1990)は、越前和紙を愛した画家でした。昭和55年、須田は、作家・司馬遼太郎とともに「街道をゆく」の取材で福井県を訪れた際、紙漉きの里・今立町(現・越前市)に立ち寄っています。目的は、紙漉き職人のN氏に会うため。須田は、N氏が作る「GOKA紙」を特に愛用していたのです。須田とN氏の親交は続き、多くの作品がN氏の手元に残りました。当展は、それら作品群を紹介するものです。
また、N氏は泉茂や水上勉など、多くの画家や作家と親交のある文化人でもあります。N氏の紙の開発の背景には、彼らの助言や支援がありますが、それは、作品に対するN氏の深い造詣があってこそ。彼らは、紙だけでなく、N氏の人柄にも惹かれていると言えるでしょう。今回は、そんな彼らの作品もあわせて紹介します。それは、多くの画家や作家の惹きつけたN氏の人柄を証明するものでもあります。
 
「荒井恵子の世界」チラシ
 
組合夏期休業のお知らせ
(記事掲載:2014年8月1日)
誠に勝手ながら下記の期間、夏期休業とさせて頂きます。
休業期間中は何かとご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒ご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。
 
【福井県和紙工業協同組合】
2014年8月13日(水)〜2014年8月17日(日)
 
※直売店【和紙処えちぜん】は、通常通り営業させていただきます。
 
伝統のわざで「卒業証書漉き」本日スタート!
(記事掲載:2014年7月17日)
卒業証書漉き風景 毎年恒例の「卒業証書漉き」が、本日、紙すき体験工房パピルス館でスタートしました。紙漉き職人と児童たちが集うこの授業は、越前市内全小学校で行われます。初日は、越前和紙産地小学校(岡本小学校)の6年生児童28名。地元の伝統工芸士・伝統のわざと触れ合いながら紙漉きに取り組みました。自分たちが育てた楮を原料に、「溜め漉き」を取り入れた方法で自身の透かし入り卒業証書を漉き上げていました。
小学校卒業の証と共に越前和紙の伝統・わざ・心意気が広く長く伝わっていくことに期待が膨らみます。
・関連ページ» 卒業証書漉き
 
第6回七夕吹き流しコンテスト作品展のご案内
(記事掲載:2014年7月11日)
期間
2014年7月12日(土)〜7月27日(日)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)
会場
入場料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
※紙の文化博物館・卯立の工芸館の入館料込み
その他
『絵てがみ展』・『クラフト作品展』同時開催!!
また、審査発表前日の7/20(日)まで、景品付き♪『大賞当てクイズ』開催します。
 
「第6回七夕吹き流しコンテスト作品展」チラシ
 
〜越前和紙の里かわそさん祭り〜
期間
2014年8月2日(土)〜8月10日(日)
会場
 
企画展「荒井恵子の世界」のご案内
(記事掲載:2014年7月8日)
期間
2014年7月19日(土)〜8月31日(日)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
その他
〜襖絵『空と宙』ひろがり、つながる〜
荒井恵子氏は、越前和紙(麻紙/岩野平三郎製紙所)と墨を使い、作品を制作しています。2013年4月に「空」と「宙」の2つの世界を宝成寺(千葉県船橋市)の襖絵に描き奉納。日本古来の伝統的な墨と和紙の技法をもとにしながら、新たな技法を加えた抽象表現の襖絵は、寺院の絵画としては一般的ではないものの、多くの方々に感動を与え続けています。今回は、その「空」と「宙」を再構成し、荒井恵子の世界を紹介いたします。襖絵から「ひろがり、つながる」世界を充分に感じていただけたらと思います。
 
「荒井恵子の世界」チラシ
 
〜第21回ロマン塾「和紙の魅力」(主催:越前和紙を愛する会)〜
日時
2014年7月19日(土)10:30〜12:00
会場
費用
無料※要観覧料(越前和紙を愛する会メンバーは無料)
内容
《対談》荒井恵子×三代目岩野平三郎。
対談終了後、作家によるギャラリートークを行います。
 
〜ワークショップ「墨を楽しむ」〜
日時
2014年8月23日(土)10:00〜12:00
会場
費用
200円(観覧料込み)
内容
《講師》荒井恵子
墨と水で、和紙の新たな魅力をさぐります。
電話にてお申し込みください。(0778-42-0016/紙の文化博物館)
 
第20回特別企画越前千年紀ロマン塾
「巨匠レンブラントが愛した和紙に迫る」のご案内
(記事掲載:2014年6月17日)
日時
2014年6月30日(月)19:00より
会場
越前市生涯学習センター今立分館(TEL 0778-42-1438)
講師
高橋 裕次 氏(独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館)
増田 勝彦 氏(昭和女子大学大学院教授)
大川 昭典 氏(元高知県立紙産業技術センター)
料金
入場無料
内容
和紙研究の第一人者である3名の先生をお迎えし、レンブラントが好んで使用した和紙についての研究発表をして頂きます。3名の方が一堂に会するたいへん貴重な機会ですので、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。
 
第20回特別企画越前千年紀ロマン講座<br />「巨匠レンブラントが愛した和紙に迫る」チラシ
 
企画展「イサムの漉き織展」のご案内
(記事掲載:2014年6月9日)
期間
2014年6月14日(土)〜7月13日(日)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
その他
和紙と織物がひとつに 1500年の歴史に培われた和紙と織物がひとつに融合した「漉き織」。晴れの日の白無垢やドレスに、この漉き織の風合いや透明感が注目を浴びています。幸せな融合を果たした「漉き織」は、幸せな2人を包み込みます。
 
〜ブライダル物語企画〜
お二人で漉きに参画したイサムの漉き織で、白無垢等の制作をいたします。新しい門出にこの衣装をまとってみませんか。
【イサムの漉き織】
TEL:0778-42-0865 (担当:椿原)
E-mail:tsubakihara.sukiori@gmail.com
 
昨年の漉き折展1 昨年の漉き折展2
 
企画展「山野草と和紙の奏でる日本の美」のご案内
(記事掲載:2014年5月30日)
期間
2014年6月6日(金)〜6月9日(月)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
その他
〜里山からのメッセージ〜
越前市は、里地・里山再生モデル事業の国指定を受けている地域であり、今なお多くの里地・里山が、生きづいている地域でもあります。一方で、現代の生活のなかで、自然とふれあう機会は極めて少なくなって来ております。私達、山景倶楽部は、日本の原風景とも云われるこの里地・里山のすばらしい自然の四季の移ろいを山野草作品を通して、一人でも多くの方々に伝えられればと願い“里山からのメッセージ”をテーマに、3月に里山の早春賦展を第1回とし、年数回に亘る山野草展を企画しました。此度は、初夏の里山の風景を、1500年に亘り引き継がれてきた越前和紙とのコラボで表現いたしました。新緑薫る初夏の風を、ご堪能いただければ幸甚に存じます。(山景倶楽部)
 
昨年の山野草1 昨年の山野草2 昨年の山野草3
 
「2014 第43回 金沢ペーパーショウ」に出展します
(記事掲載:2014年5月30日)
日時
2014年6月13日(金)・14日(土)・15日(日)
9:30〜17:00
会場
石川県産業展示館(3号館)
TEL 076-268-6695  ※入場無料!
内容
今日の紙文化を 「見て、触れて、楽しむ」ためにあらゆる角度から分かりやすく紹介して、新製品展示やトレンド、実用例の説明、紙による実演、紙文化とエコなど紙文化情報発信の場になっています。
<企画・運営:樺島商店
 
「2014 第43回 金沢ペーパーショウ」チラシ
 
好評開催中!!
和紙組合青年部企画展「×和紙 2014」
(記事掲載:2014年5月7日)
期間
2014年4月26日(土)〜6月1日(日)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
内容
越前和紙の若手職人たちで構成される、越前和紙青年部会。彼らの活動のひとつとして、2013年5月、「X和紙(かけるわし)」展が開催されました。若い感性、そし和紙職人ならではの視点で制作された作品たち。それは和紙とアートを結ぶものでした。そして2014年。「X和紙」展が再び開催されます。今年のテーマは「掛ける和紙」。和紙の文様や風合い、加工後の変化を、アートパネルというスタイルで伝えようとするものです。平面の原紙をパネルに落とし込むことで、和紙をより魅力的に、より実感をもって、身近に感じることができるはずです。 そうしてより身近になった和紙に何をX(かける)かは、観る者の自由。観る者が、それぞれの世界の中で、それぞれの感性で、さまざまなXを想像、そして創造する。職人の思惑すら越えて結びつくもの。それは、「和紙と何か」だけでなく「世界と人」なのかもしれません。
 
企画展「×和紙 2014」チラシ
 
5月3日・4日・5日W神と紙の郷の春祭りW開催します!
(記事掲載:2014年4月7日)
福井県無形民俗文化財に指定されている紙祖神岡太神社・大瀧神社のW神と紙の郷の春祭りWは、古式のままに斎行されます。
 
〜福井県無形民俗文化財「神と紙の郷の春祭り」〜
期間
2014年5月3日(土)〜5日(月)
会場
内容
2014年神と紙のまつりチラシ裏 1500年前、越前五箇の里人に紙漉きを教えたとされている紙祖神・川上御前を祀る岡太神社・大瀧神社の春祭りです。
・2014年の神輿渡り(5日)順路はこちら
・無料の観光地回遊バスが運行されます!
 
2014年神と紙のまつりチラシ表和紙の里通りのイベントも盛りだくさん♪♪
・恒例の越前和紙大掘り出し市!
・こども太鼓に、ヨサコイフェスティバル!
・県内高校書道部による書道パフォーマンスや、吹奏楽部のコンサート!
・5日には、景品多数の越前和紙○×クイズ!
・クラフト体験や各種展示も充実してます!
 
(主催:神と紙のまつり実行委員会 0778-43-0875 )
 
〜青山登り〜
5月11日(日)、ご神木・大杉さんのもとで集う恒例の「青山登り」が開催されます。
(お問合せ:岡本地区自治振興会青山のぼり実行委員会 0778-42-1438)

ゴールデンウィークはぜひ越前和紙産地で賑わいましょう!!

 
「価格表記の変更」のお知らせ
(記事掲載:2014年3月31日)
平成26年4月1日からの「消費税率」改正に伴い価格表記の変更を行いました。ページ内でご紹介する商品価格を、『本体価格(税別)表示』と致しましたので、ご了承ください。
第19回越前千年紀ロマン講座
「和紙と墨色」のご案内
(記事掲載:2014年1月27日)
日時
2014年2月7日(金)19:00〜
会場
越前市生涯学習センター今立分館(0778-42-1438)
講師
日野楠雄(ひの なんゆう)氏
(文房四宝研究家・和紙文化研究会会員)
内容
〜紙と墨と水とー「にじみ」の世界の不思議〜
墨痕あざやかな書―和紙と墨と水が織りなす墨色は実に千変万化です。墨の「濃淡」や「にじみ」が和紙に独特の姿として出現します。和紙に秘められた冴えわたる墨の世界を検証、和紙の素材力の真価を問うと同時に隠された美を掬い出し日本美を再確認し、新しい和紙の可能性を考察します。(主催:越前和紙を愛する会)
 
第19回越前千年紀ロマン講座「和紙と墨色」チラシ
 
第3回越前伝統工芸検定
「越前和紙検定」のお知らせ
(記事掲載:2014年1月16日)
越前伝統工芸検定「越前和紙検定」とは、越前伝統工芸W越前和紙Wの歴史・文化および商品に関するスペシャリストを生みだす検定試験です。越前和紙産地の振興を図ることを目的に開催されます。
 
試験日
2014年2月16日(日) 13:30〜14:30
会場
受験料
1,000円
申込期間
2014年1月14日(火)〜31日(金)
その他
 
越前伝統工芸検定チラシ
 
越前和紙|福井県和紙工業協同組合ロゴ
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
TEL:0778-43-0875 / FAX:0778-43-1142 / E-mail:info@washi.jp
Copyright (c) 2004-2017 福井県和紙工業協同組合 All rights reserved