越前和紙|福井県和紙工業協同組合 電話:0778-43-0875 FAX:0778-43-1142 E-Mail:info@washi.jp メール トップページへ サイトマップへ
 
PDFファイルを表示するにはAdobe AcrobatReaderが必要です。 »こちら
Adobe AcrobatReader のダウンロード
トップページ > イベント&トピックス2013

イベント&トピックス

2011年 | 2012年 | 2013年 | 2014年 | 2015年 | 2016年 | 2017年

越前和紙展〜和紙を気軽に使おうvoi.3〜
(記事掲載:2013年12月26日)
期間
2014年1月17日(金曜)〜2月9日(日曜)
10:00〜18:00(最終日は〜17:00まで)
※ 定休日がございます。会場のスケジュールをご確認ください。
会場
ふくい工芸舎 (福井県福井市)
内容
*越前和紙メーカーと青年部会の展示ブースを設け、それぞれの和紙の使い方やご提案、ご紹介致します。
*石川製紙梶A褐ワ十嵐製紙所、居ャ畑製紙所、樺キ田製紙所、鰹緕R製紙所、山次製紙所、信洋舎製紙所、汲竄ネせ和紙、山田兄弟製紙梶A越前和紙青年部会
 
越前和紙展〜和紙を気軽に使おうvol.3〜
 
企画展「紙の岡本」のご案内
(記事掲載:2013年12月19日)
期間
2014年1月5日(日)〜2月23日(日)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
内容
昭和の越前和紙−発・展・前・夜−
約1500年の長い歴史を持つ紙漉きの里、福井県越前市岡本地区。今も紙漉きの伝統が守られている地区です。一方で、紙漉きや、それを支える人々の生活様式は年々変化しています。
本展では、昭和初期の岡本地区の様子を紹介し、それが現代にどのように反映されているかを探ります。特に今年は、越前和紙の里紙の文化博物館の前々身である越前産紙奨励館を立ち上げた、越前産紙卸商業組合結成80年。さらに、開館当時、岡本地区の交通の基盤となっていた福井鉄道南越線開業100年にあたります。昭和の越前和紙はここから発展していくのです。
時代のなかで変わっていくものと、変わらないもの。この二つが寄り添って、現在の岡本地区はかたちづくられています。
 
企画展「紙の岡本」チラシ
 
2014年 越前和紙漉き初め式のご案内
(記事掲載:2013年12月17日)
2013年漉き初め式の様子毎年恒例となっている越前和紙の「漉き初め式」。明治終わり頃までは、それぞれの漉き屋で行われていました。元日に汲み取った奥の院のわき水W御神水Wが漉き舟に流し込まれ、伝統工芸士の手によって紙漉きが始まります。
新年における和紙業の繁栄を祈願する2014年の「漉き初め式」は、1月5日・卯立の工芸館で行います。
(写真は、2013年漉き初め式)
 
年末年始休業のお知らせ
(記事掲載:2013年12月17日)
誠に勝手ながら下記の期間、年末年始休業とさせて頂きます。
休業期間中は何かとご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
【福井県和紙工業協同組合】
2013年12月29日(日)〜2013年1月5日(日)
 
【和紙処えちぜん】
2013年12月28日(土)〜2013年1月4日(土)
 
楮・梶・三椏プロジェクトが越前和紙の里でスタートしました!!
(記事掲載:2013年12月5日)
楮・梶・三椏プロジェクト集合写真和紙組合・福井県・越前市・五箇地区まちづくり協議会が主体となって、和紙の里にふさわしい景観づくりと、将来にむけた和紙原料の確保づくりとして、このプロジェクトを立ち上げました。その第一弾の景観づくりとして、11月23日に、三椏の苗50本を大滝地区の表通りに植樹しました。来年以降、和紙の里通り周辺や、道路わきの空いたところに、三椏を植樹していく予定です。今後は、梶を植樹し、古代の紙漉きにも挑戦したりしていく予定です。» 活動
 
企画展「あいわ活士版画展」のご案内
(記事掲載:2013年10月30日)
期間
2013年11月9日(土)〜12月23日(月・祝日)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
内容
ー越前手漉き和紙と木版画ー
版画家・あいわ活士氏の版画展。残しておきたい日本の原風景をテーマに描いた木版画作品や世界文化遺産に登録された富士山の肉筆画、京表具士とのコラボで制作した掛軸などを紹介します。
木版画は、地元の山口製紙特製の越前手漉き和紙を使用しています。何度も繰り返し摺られるバレンの摩擦に耐えられる強靭な越前和紙は、木版画制作には欠かせない貴重な存在です。山口製紙からは、古来より伝わる製法を再現して制作した雁皮紙なども同時に展示いたします。
この機会に、あいわ氏の作品や和紙と木版画の繋がり、木版画の制作工程など日本の素晴らしい文化を再発見してみませんか。
 
企画展「あいわ活士版画展」チラシ
 
「丹南産業フェア2013」
に出展します
(記事掲載:2013年9月3日)
期間
2013年9月21日(土曜)〜23日(月曜・祝日)
10:00〜17:00
会場
サンドーム福井 (越前市瓜生町 0778-21-3106)
その他
越前和紙の販売、紙漉き体験を行います。
 
丹南産業フェア2013チラシ
 
「福井県伝統工芸士会連合会展」
に出展します
(記事掲載:2013年8月22日)
期間
2013年8月23日(金曜)〜9月4日(水曜)
11:00〜19:00 (最終日は17:00 まで)
※日曜休館日
会場
伝統工芸青山スクエア(1階)
(東京都港区赤坂 :03-5785-1002)
その他
期間中、墨流し体験(※1枚500円)を行います。
開催日:8/23(金)〜8/28(水) 11:00〜19:00
 
» 伝統工芸青山スクエアHP特別展
 
組合夏期休業のお知らせ
(記事掲載:2013年8月2日)
誠に勝手ながら下記の期間、夏期休業とさせて頂きます。
休業期間中は何かとご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒ご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。
 
【福井県和紙工業協同組合】
2013年8月14日(水)〜2013年8月18日(日)
 
※直売店【和紙処えちぜん】は、通常通り営業させていただきます。
 
「おもしろフェスタinサンドーム福井2013」
に出展します
(記事掲載:2013年7月22日)
期間
2013年8月3日(土曜)・8月4日(日曜)
10:00〜17:00 入場無料!!
会場
サンドーム福井 (越前市瓜生町 0778-21-3106)
その他
越前和紙は、紙漉き体験コーナーを設けております。
この機会に是非ふくいの伝統工芸にチャレンジしてみてください。
 
おもしろフェスタinサンドーム福井2013チラシ
 
ふくい若手てづくり展2013
(記事掲載:2013年7月9日)
期間
2013年7月18日(木曜)〜8月11日(日曜)
10:00〜18:00(最終日は〜17:00まで)
※ 定休日がございます。会場のスケジュールをご確認ください。
会場
ふくい工芸舎 (福井県福井市)
内容
*越前和紙青年部会
*越前漆器協同組合青年部会
*越前焼青年部会
若手職人による手づくり展です。
 
ふくい若手てづくり展2013
 
企画展「平成25年度イサムの漉き織展」のご案内
(記事掲載:2013年7月8日)
期間
2013年7月13日(土)〜8月19日(月)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
その他
和紙と織物がひとつに 1500年の歴史に培われた和紙と織物がひとつに融合した「漉き織」。晴れの日の白無垢やドレスに、この漉き織の風合いや透明感が注目を浴び、「ブライダル物語企画」が誕生いたしました。
 
〜ブライダル物語企画〜
お二人で漉きに参画したイサムの漉き織で、白無垢等の制作をいたします。新しい門出にこの衣装をまとってみませんか。
【イサムの漉き織】
TEL:0778-42-0865 (担当:椿原)
E-mail:tsubakihara.sukiori@gmail.com
 
企画展「平成25年度イサムの漉き織展 」チラシ ■オープニング特別企画■
「荒井亮子 バイオリンコンサート」
日時:7月13日(土)13:30〜
場所:卯立の工芸館
※荒井亮子 武蔵野音楽高校卒業後、渡米。修士課程修了、米国にて活動。現在、福井にて活躍中。
 
企画展「第16回筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞 入賞作品展 其の1」開催中!
(記事掲載:2013年6月18日)
期間
2013年6月14日(金)〜7月7日(月)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
その他
〜広島県熊野町筆の里X越前和紙の里 交流企画展〜
「ありがとう」
感謝の気持ちを筆に込めて。
筆の里で開催された、絵てがみ大賞の入賞作品50点を紹介します。個性的な作品の数々をお楽しみください。
 
企画展「第16回筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞 入賞作品展 其の1 」
 
企画展「山野草と和紙の奏でる日本の美 」開催中!
(記事掲載:2013年6月7日)
期間
2013年6月7日(金)〜6月10日(月)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
その他
〜里山からのメッセージ〜
越前市は、里地・里山再生モデル事業の国指定を受けている地域であり、今なお多くの里地・里山が、生づいている地域でもあります。現代の生活のなかで、自然とふれあう機会は極めて少なくなって来ております。日本の原風景とも云われるこの里地・里山のすばらしい自然の四季の移ろいを、山野草を通して、一人でも多くの方々に伝えられればと願います。(山野草倶楽部)
 
企画展「山野草と和紙の奏でる日本の美 」チラシ
 
「2013 第42回 金沢ペーパーショウ」に出展します
(記事掲載:2013年5月22日)
日時
2013年6月7日(金)・8日(土)・9日(日)
9:00〜17:00
会場
石川県産業展示館(3号館)
TEL 076-268-6695  ※入場無料
内容
今日の紙文化を 「見て、触れて、楽しむ」ためにあらゆる角度から分かりやすく紹介して、新製品展示やトレンド、実用例の説明、紙による実演、紙文化とエコなど紙文化情報発信の場になっています。
<企画・運営:樺島商店
 
W神と紙の郷の春祭りW 5月3日・4日・5日開催
(記事掲載:2013年4月11日)
福井県の無形民俗文化財、紙祖神岡太神社・大瀧神社のW神と紙の郷の春祭りWは、古式のままに斎行されます。
 
〜福井県無形民俗文化財「神と紙の郷の春祭り」〜
期間
2012年5月3日(金)〜5日(日)
会場
内容
1500年前、越前五箇の里人に紙漉きを教えたとされている紙祖神・川上御前を祀る岡太神社・大瀧神社の春祭りです。
 »2013年神輿渡りの順路(pdf形式:170KB)
 
神と紙のまつりチラシ和紙の里通りでは、年に一度の越前和紙大掘り出し市や食と特産品バザー・こどものふれあい広場・よさこい・書道パフォーマンスなどイベント盛りだくさんです。
 
(主催:神と紙のまつり実行委員会 0778-43-0875 )
 
〜青山登り〜
5月12日(日)、ご神木・大杉さんのもとで集う恒例の「青山登り」が開催されます。
(お問合せ:岡本地区自治振興会青山のぼり実行委員会 0778-42-1438)

ゴールデンウィークはぜひ越前和紙産地で賑わいましょう。

 
「うつす和紙」のご案内
(記事掲載:2013年4月10日)
日時
2013年6月10日(月)〜6月16日(日)
会場
内容
−写真・映像・アート−
越前和紙の里で開催した展覧会の東京展。昨夏開催した「うつす和紙」、そして今春の「X和紙」での展示作品を紹介します。
写 真:棚井文雄(たないふみお)/《和紙の里シリーズ》・《人と場所シリーズ》ほか
映 像:福井映画祭実行委員会/《顕にして晦》
アート:福井県和紙工業協同組合青年部会
 
■トークショー
「棚井文雄(写真家)×岩野市兵衛(越前和紙職人・人間国宝)」
・第1回:6月15日(土) 14:00〜
・第2回:6月16日(日) 13:00〜
撮影秘話、また越前和紙や写真にかける想いを語っていただきます。
■特別展示
上記トークショーに関連して、岩野市兵衛氏の奉書にプリントした棚井文雄氏の写真作品を特別に展示いたします。
 
「X和紙・うつす和紙」チラシ越前和紙の里HPイベント情報へ
 
「X和紙(KAKERU WASHI/かけるわし)」のご案内
(記事掲載:2013年4月10日)
日時
2013年5月3日(金・祝)〜6月2日(日)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
内容
福井県和紙工業協同組合青年部会によるアート展。越前和紙の将来をになう若手職人が、越前和紙の現在を表現します。
 
「X和紙・うつす和紙」チラシ越前和紙の里HPイベント情報へ
 
紙の文化博物館テーマ展T
「和紙から考える天心」開催中!
(記事掲載:2013年4月10日)
日時
2013年4月3日(水)〜6月2日(日)
会場
紙の文化博物館  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
内容
平成25年は、岡倉天心の生誕150年・没後100年にあたります。福井藩士の父と三国(福井県)出身の母の間に生まれた天心は、生まれは横浜であるものの、故郷は福井と考えていました。
このように福井とゆかりのある天心ですが、実は、日本画という分野においては、天心と越前和紙は、非常に重要な位置にあります。ここでは、天心と親交のあった日本画家たちを紹介しながら、その重要性をひもときます。
 
「和紙から考える天心」越前和紙の里HPイベント情報へ
 
彦坂禮三 和紙ちぎり絵原画展
本日より開催!
(記事掲載:2013年4月1日)
日時
2013年4月1日(月)〜29日(月・祝)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
内容
埼玉県在住の作家、彦坂禮三の和紙ちぎり絵展。
作家より「自然と人間の関わり合いで保たれてきた里山が代表する、日本人の心のふる里、残してほしい日本の風景、そして和紙の素晴らしさを一人でも多くの方にご覧いただきたいと思っております」
 
彦坂禮三 和紙ちぎり絵原画展チラシ越前和紙の里HPイベント情報へ
 
「北陸工芸品フェア」に出展します
(記事掲載:2013年3月26日)
期間
2013年4月12日(金)〜14日(日)
10:00〜20:00(最終日は18:00まで)
会場
内容
北陸工芸品フェアのテーマは「出会いと交流」です。伝統工芸品が息づく北陸の暮らしや伝統、暮らしに生かされる伝統工芸品の使い方をご紹介し、同時にその魅力をつくり手とみなさまが語り合い、人と人との交流が生まれる場所を目指します。
※越前和紙は、W和紙漉き体験WおよびW和紙詰め放題Wを行います。皆様のお越しをお待ちしております。
※会場でアンケートに答えると、先着300名様にノベルティグッズが当ります!越前手漉き和紙による手作りのブックカーバーとしおりのセットで和紙のやわらかい風合いをお楽しみください。ブックカーバーとしおりのセット写真
 
「北陸工芸品フェア」チラシhttp://koshinokuni.kakubundo.jp/
 
中部国際空港セントレアにW白龍W登場
(記事掲載:2013年3月15日)
中部国際空港セントレアに設置された越前和紙の「白龍」このたび、中部北陸9県の地域が協働で取り組んでいる「昇龍道」プロジェクトのPR 装飾として、中部地域の玄関口である中部国際空港セントレアに越前和紙を使ったW白龍W(サイズ:巾約10m×高さ約3m)が設置されました。
» 中部国際空港セントレア
 
写真家 藤井秀樹回顧展
<一花一葉/百花撩乱>開催中!
(記事掲載:2013年3月14日)
日時
2013年3月7日(木)〜31日(日)
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
内容
越前との縁が深い写真家 藤井秀樹の回顧展。 印画紙の代わりに和紙に写真をプリントしたフジイグラフィー(アートエマルジョン)オリジナル作品を展示します。
» 藤井秀樹WEB美術館(http://www.fgraphy.com/
 
写真家 藤井秀樹回顧展 <一花一葉/百花撩乱>チラシ
 
第16回越前千年紀ロマン講座
「木版画の魅力」のご案内
(記事掲載:2013年2月7日)
日時
2013年2月10日(日)13:30〜15:00
会場
講師
山田博隆先生(美術書出版株式会社 芸艸堂 代表取締役社長)
ゲスト
人間国宝 岩野市兵衛氏
料金
※お申込みが必要です。
(卯立の工芸館 TEL.0778-43-7800)
※聴講は無料ですが、展覧会観覧料(大人200円 小中生100円)が必要です。
内容
卯立の工芸館で開催中の展覧会「絵草紙屋 辻文」では、幕末から明治にかけて江戸で活躍した版元《辻岡屋文助》をテーマに、彼が出版した木版画や黄草紙などを展示しています。同時に、芸艸堂さんんお協力のもと、木版画で使用する道具類も紹介しています。 彫りや摺り、紙漉きから製本まで、手仕事にこだわった木版画や木版本を製作する芸艸堂さん。現代の版元・芸艸堂の山田氏に、木版画の魅力について熱く語っていただきます。
 
第16回越前千年紀ロマン講座<br />「木版画の魅力」チラシ
 
「伝統的工芸品展WAZA2013」
に出展します
(記事掲載:2013年2月4日)
期間
2013年2月14日(木)〜19日(火)
10:00〜20:00(最終日は17:00まで)
会場
東武百貨店池袋店
第1会場:8F催事場(1〜3番地)
第2会場:6F1番地美術画廊
内容
経済産業大臣指定伝統的工芸品の展示販売、製作実演、指定以外の一般工芸品(ふるさと工芸品)の展示販売、製作実演(主催:財団法人 伝統的工芸品産業振興協会
※伝統工芸品「越前和紙」は販売のみとなっております。
 
伝統的工芸品展WAZA2013チラシ
 
第2回越前伝統工芸検定
「越前和紙検定」のお知らせ
(記事掲載:2013年1月16日)
越前伝統工芸検定「越前和紙検定」とは、越前伝統工芸W越前和紙Wの歴史・文化および商品に関するスペシャリストを生みだす検定試験です。越前和紙産地の振興を図ることを目的に開催されます。
 
試験日
2013年2月24日(日) 13:30〜14:30
会場
受験料
1,000円
申込期間
2013年1月7日(月)〜31日(木)
その他
 
第1回越前伝統工芸検定チラシ
 
越前和紙|福井県和紙工業協同組合ロゴ
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
TEL:0778-43-0875 / FAX:0778-43-1142 / E-mail:info@washi.jp
Copyright (c) 2004-2017 福井県和紙工業協同組合 All rights reserved