越前和紙|福井県和紙工業協同組合 電話:0778-43-0875 FAX:0778-43-1142 E-Mail:info@washi.jp メール トップページへ サイトマップへ
 
PDFファイルを表示するにはAdobe AcrobatReaderが必要です。 »こちら
Adobe AcrobatReader のダウンロード
トップページ > イベント&トピックス2011

イベント&トピックス

2011年 | 2012年 | 2013年 | 2014年 | 2015年 | 2016年 | 2017年

第1回越前伝統工芸検定
越前和紙検定のお知らせ
(記事掲載:2011年12月21日)
越前伝統工芸検定・越前和紙検定とは、越前伝統工芸「越前和紙」の歴史・文化および商品に関するスペシャリストを生みだす検定試験です。越前和紙産地の振興を図ることを目的に開催されます。
 
試験日
2012年2月26日(日) 13:30〜14:30
会場
受験料
1,000円
申込期間
2012年1月5日(木)〜31日(火)
その他
 
第1回越前伝統工芸検定チラシ
 
ZIPPEIくん 越前和紙の里へようこそ
(記事掲載:2011年12月20日)
パピルス館スタッフとの記念撮影日本テレビ朝の番組「ZIP!」のコーナー「ZIPPEIスマイルキャラバン」でお馴染みのZIPPEIくんとダイスケ君が、福井県の旅で越前和紙の里パピルス館へ遊びに来てくれました。初めての紙漉き体験はお楽しみいただけたようですね。ありがとうございました。
 
パピルス館スタッフとの記念撮影

ZIPPEIシールもいただきました! →

 
越前和紙に「絆」
(記事掲載:2011年12月13日)
12日、京都市の清水寺にて今年の漢字「絆」が発表されました。
毎年恒例のこの揮毫には越前和紙を使っていただいています。縦1500ミリ×横1300ミリの丈夫な越前和紙が書「絆」をしっかりと馴染ませ今年の世相を伝えてくれたようです。
・関連記事» 福井新聞【今年の漢字は「絆」 震災、なでしこジャパン…】
 
パピルス館にクリスマスイルミネーション
(記事掲載:2011年12月7日)
パピルス館のイルミネーション風景(一部)越前和紙の里にある紙漉き体験工房「パピルス館」がクリスマスイルミネーションの点灯始めました。来館されるお客様へは、夕方にむけてお楽しみいただけそうです。
少しの期間ですが、イルミネーションで彩られたパピルス館をお楽しみください。
 
「ふすま紙の産地」は越前和紙
(記事掲載:2011年12月6日)
10月1日にリニューアルオープンしたパピルス館内には、越前和紙を使ったふすまが見本としていくつか展示してあります。カタログや紙の一部だけでは伝わりにくい大判和紙やふすまの良さをこちらの展示で感じていただくためです。(販売はしておりません。お近くの表具店または問屋へお問い合わせください。)
大判手漉き和紙なら越前和紙!!あかりやタペストリーなども展示しておりますので、是非間近で、大判サイズならではの迫力や優雅さに満ちた越前和紙の風合いをご覧ください。
越前和紙を使ったふすまの見本展示越前和紙タペストリー展示
 
紙博テーマ展W「平安時代の和紙」
(記事掲載:2011年12月1日)
日本文学史上、最も有名な恋愛小説といえる『源氏物語』。 『源氏物語』のなかには、和紙に触れている箇所がいくつかあります。 例えば蓬生の巻には、「うるわしき紙屋紙、陸奥紙などふくめたるに」と、 平安時代の公家たちが愛用していた紙の名前が2つ出てきます。 今回の紙博テーマでは、このような平安時代の和紙に注目しさらなる和紙の魅力に迫ります。
 
期間
2011年12月10日(土)〜2012年3月31日(土)
9:00〜16:00
会場
紙の文化博物館1階(展示収蔵庫)  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
 
企画展「genji −しろきかみとすみ−」
(記事掲載:2011年12月1日)
日本文学史上、もっとも有名な恋愛小説とも言える「源氏物語」。多くの人々を魅了し、千年以上たった今でも輝きを失うことはありません。そして同じことが和紙にも言えるのですが、千年の長い年月を経ても、美しい紙肌を保ちます。そして文字や絵をのせ、感動を伝えていくのです。
本展覧会では「shiroki」こと塩川素子氏が「源氏物語」をテーマに制作した作品展示またワークショップを開催いたします。千年遺る越前和紙に、千年を経た源氏物語。物語のほとばしるエネルギーを存分に感じることができると思います。
 
期間
2012年1月5日(木)〜3月31日(土)
9:00〜16:00
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
 
企画展「genji −しろきかみとすみ−」チラシ 企画展「genji 」タイトル※タイトル書「genji」は、塩川素子氏直筆によるもの
 
〜ワークショップ〜
2012年3月18日(日)11:00〜12:30 パピルス館2F
料金:700円(展覧会観覧料込み)/定員:先着20名/要申込
申込先:紙の文化博物館 TEL0778-42-0016
※2012年1月5日(木)から受付開始
 
越前和紙 漉き初め式のご案内
(記事掲載:2011年11月30日)
2011年漉き初め式の様子2012年1月5日、越前和紙の里では恒例の漉き初め式が行われます。元日に、紙祖神岡太神社・大瀧神社 奥の院のわき水より汲み取った御神水を漉き舟に流し込み、厳粛な趣の中、年初めの紙漉きが始まります。
一年間、良質な紙が漉けるよう祈った儀式「漉き初め式」は、越前和紙の里 卯立の工芸館で行われます。
(写真は、2011年漉き初め式の様子)
 
年末年始休業のお知らせ
(記事掲載:2011年11月30日)
誠に勝手ながら下記の期間、年末年始休業とさせて頂きます。
休業期間中は何かとご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
【福井県和紙工業協同組合】
2011年12月30日(金)〜2012年1月5日(木)
 
【和紙処えちぜん】
2011年12月29日(木)〜2012年1月3日(火)
 
越前和紙と源氏物語
(記事掲載:2011年10月31日)
世界文学史上、最高峰の恋愛小説「源氏物語」。紫式部は、その物語に何を封じ込めたのか―。今話題作の映画『源氏物語−千年の謎−』の中で執筆のため和紙に筆を走らせる紫式部。映画で登場するこの和紙・・・すべて越前和紙をご使用いただいております。
1500年の長い歴史を持つ越前和紙が、伝える道具・執筆という形で映画の中で登場します。皆様、どうぞお楽しみください。
» 映画『源氏物語−千年の謎−』12月10日(土)全国東宝系ロードショー
 
越前和紙の里通りに紅葉の訪れ
(記事掲載:2011年10月28日)
本日の越前和紙の里通り風景 10月も終わりに近づき越前和紙の里も色づき始めました。早朝に見る朝靄、澄み渡る青空の中の紅葉、夕日と木々の彩りに染まる和紙の里、とすっかり秋めいています。
秋の行楽はぜひ越前和紙の里でお過ごしください。
 
「越前和紙」伝統工芸士認定試験が行われました
(記事掲載:2011年10月14日)
本日、伝統工芸士認定試験が行われました。日本の誇る越前和紙の伝統と文化の担い手となる「伝統工芸士」。越前和紙は、受け継いだ者から確実に次の世代へと繋げていきます。
 
テーマ展「本のなかの和紙」開催中
(記事掲載:2011年10月12日)
テーマ展「本のなかの和紙」風景 今年度3回目となる越前和紙の里 紙の文化博物館テーマ展。文化の秋、なかでも読書の秋をテーマに、「本のなかの和紙」が只今開催中です。
越前和紙をモチーフに書かれた小説や、和紙全般についてのエッセイ、越前和紙を使って復刻された文芸書の数々をご紹介しております。ぜひ、ご来館ください。
・詳細 »越前和紙の里ホームページ
 
期間
2011年10月1日(土曜)〜11月27日(日曜)※予定
9:00〜16:00
会場
紙の文化博物館 展示収蔵庫 (福井県越前市)
※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
 
和紙処えちぜん
明日リニューアルオープン!!
(記事掲載:2011年9月30日)
越前和紙特製カレンダー 体験工房パピルス館にて紙すき体験または、和紙処えちぜんにてお買い物をされたお客様先着5,000名様に特製和紙カレンダーをプレゼント!!(左写真)
そして、菊人形開催期間中(10月1日〜11月6日)に限り、店内全商品1割引き(一部特別商品は除く)と20%〜50%引きの特価品コーナーもございます。
皆さまのご来店お待ちしております。
 
越前和紙の里 パピルス館・和紙処えちぜん
10月1日リニューアルオープン!!
(記事掲載:2011年9月26日)搬入写真
1981年に開館以来、紙すき体験館として多くの人々に親しまれてきたパピルス館が、新しく生まれ変わります。広くゆったりとした館内では、今まで以上に、紙すきや和紙クラフトをお楽しみいただくことができます。ショップ和紙処えちぜんでは、さまざまな種類の和紙に出会え、見て、触れて、素材感を確かめながら、いろいろな製品をお買い求めいただけることでしょう。
 
七夕吹き流しコンテスト作品展チラシ〜2階 クラフトルーム〜
紙すき体験コース「あかり」・「うちわ」のお客様は、オリジナル和紙完成後、こちらのクラフトルームで仕上げていただくことができます。また、絵てがみ講座や和紙クラフト教室なども開催予定です。
 
〜特別企画1〜
紙すき体験または和紙処えちぜんにてお買い物をされたお客様先着5,000名様に特製和紙カレンダーをプレゼント!!
 
〜特別企画2〜
和紙処えちぜんでは菊人形開催期間中(10月1日〜11月6日)に限り、全商品1割引き(一部特別商品は除く)と特価品20%〜50%引きのお得感満載のコーナーも!!
 
「丹南産業フェア2011」で紙漉き体験と販売
(記事掲載:2011年9月6日)
期間
2011年9月17日(土曜)〜19日(月曜・祝) 10:00〜17:00
会場
サンドーム福井 (福井県越前市) 入場無料
その他
*越前和紙からは、紙漉き体験コーナー(10:00〜16:00)・販売を行います。上映中の映画ヘソモリPRコーナーも設けてありますので、この機会に是非ふくいの伝統工芸「越前和紙」に触れてみてください。
 
丹南産業フェア2011チラシ» 丹南産業フェア2011
 
おもしろフェスタで伝統工芸体験好評
(記事掲載:2011年8月29日)
おもしろフェスタinサンドーム福井2011風景 先日の「おもしろフェスタinサンドーム福井2011」伝統工芸体験コーナーにて福井のものづくりにチャレンジされた皆様、いかがでしたでしょうか。紙漉き体験でもたくさんの方にオリジナル和紙作りをお楽しみいただくことが出来ました。ありがとうございました。
越前和紙の里では、紙漉き体験ができる「パピルス館」で様々なコーナーを常時ご用意しております。また是非チャレンジしてみてください。
 
大好評!「映画ヘソモリ・ロケ地巡りツアー」
(記事掲載:2011年8月22日)
ロケ地・岩野平三郎製紙所で語る三代目岩野平三郎氏 いよいよ9月3日公開を間近に迎え、一層の盛り上がりを見せた「第2回映画HESOMORIロケ地巡りツアー」。今回は、福井テレビ主催参加費無料の先着ペア20組様にご参加いただき、大変好評のうちに終了致しました。» 詳細はこちら
ツアーの模様は、福井テレビにて後日放送されます。映画の公開同様どうぞお楽しみに。
【福井テレビ 放送予定日時】
9月2日(金)25:05〜、(再)9月3日(土)17:15〜

 
(写真は、「相場製紙所」のロケ地となった岩野平三郎製紙所で語る三代目岩野平三郎氏)
 
「おもしろフェスタinサンドーム福井2011」で紙漉き体験
(記事掲載:2011年8月11日)
期間
2011年8月27日(土曜)・28日(日曜) 10:00〜17:00
会場
サンドーム福井 (福井県越前市) 入場無料
その他
*越前和紙からは、紙漉き体験コーナーを設けております。
この機会に是非ふくいの伝統工芸にチャレンジしてみてください。
 
おもしろフェスタinサンドーム福井2011チラシ
 
夏期休業のお知らせ
(記事掲載:2011年8月5日)
誠に勝手ながら下記の期間、夏期休業とさせて頂きます。
休業期間中は何かとご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
2011年8月13日(土)〜8月17日(水)
 
越前和紙の里「七夕・かわそさんまつり」
(記事掲載:2011年8月1日)
和紙の里せせらぎの風景(昨年) 今週末6日(土)、「七夕・川濯(かわそ)さんまつり」が行われます。越前和紙の里通りのせせらぎには、 和紙や野菜でつくられた人形たちが並べられ、夜には燈籠に火が灯ります。
また、現在紙の文化博物館にて 「川濯さんまつり」をテーマにしたパネル展示が行われていますので、どうぞ併せてお立ち寄りください。
(写真は、昨年の和紙の里せせらぎ風景)
 
第3回越前和紙七夕吹き流しコンテスト入賞作品発表
(記事掲載:2011年7月25日)
第3回越前和紙七夕吹き流しコンテスト大賞作品 只今好評開催中の「第3回越前和紙七夕吹き流しコンテスト応募作品展」。本日、入賞作品が発表されました。 見事大賞を受賞したのは、鶉絆会の「みんなで吹かそう再生の風」です。(左記写真)
そのほかの入賞作品の紹介はこちら » 入賞作品一覧
作品展は31日(日)まで開催しておりますので、どうぞ会場でご覧になって下さい。表彰式は、最終日午前11:00よりを行います。
このたび受賞者された皆様おめでとうございます!
また、参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
 
限定1,000枚!!
映画ヘソモリ特別前売り券ついに発売開始!
(記事掲載:2011年7月19日)
越前和紙製特別前売り券 9月3日より福井県内で上映される映画「HESOMORI−ヘソモリ−」の前売り券(1枚1,000円)がついに発売開始となりました。色つきの華を漉き掛けた大礼紙使用で、限定1,000枚の越前和紙製特別前売り券です。
 
【特別前売り券販売先】
・福井県和紙工業協同組合(0778-43-0875)
・卯立の工芸館(0778-43-7800)
・和紙の文化博物館(0778-42-0016)
 
卒業証書と共に伝わる伝統の技
(記事掲載:2011年7月19日)
卒業証書漉き風景 毎年恒例の「卒業証書漉き」が、本日、越前和紙の里パピルス館でスタートしました。 紙漉き職人と児童たちが集うこの授業は、越前市内全小学校が取り組みます。
初日は、原料の楮栽培から手がける岡本小学校6年生児童38名。地元の伝統工芸士人間国宝より指導を受けて小学校最後の紙漉きに真剣に取り組みました。卒業証書は通常「溜め漉き」とよばれる技法で製作するものですが、原料が楮で繊維が長いためネリの入った紙料で漉く「流し漉き」でないと難しくなってきます。ところがここでの授業では、紙漉きの匠だからこそ考案できた「流し漉き」と「溜め漉き」が合わさった方法で透かし入り卒業証書を漉き上げていました。
卒業の証と共に越前和紙の伝統や技・心が広く長く未来へと伝わっていくことでしょう。
・関連ページ» 卒業証書漉き
 
「越前和紙七夕吹き流し」作品が華やかに勢ぞろい
(記事掲載:2011年7月11日)
搬入写真 9日(土)より始まった「第3回越前和紙七夕吹き流しコンテスト」作品の搬入が本日締切日を迎えました。会場(越前市いまだて芸術館)には、色彩豊かな越前和紙で作られた様々な作品が集まっています。約130点ある力作の中から、厳しい審査を経て25日(月)受賞者発表・31日(日)表彰式となります。
展示期間は、15日(金)〜31日(日)の約2週間。24日までは「大賞当てクイズ」というお楽しみな企画もありますので是非参加してみてください。また、七夕吹き流しの他にも見応えある絵手紙作品展やワークショップなども同時開催です。その他詳細は応募作品展チラシをご覧下さい。
 
七夕吹き流しコンテスト作品展チラシ 〜「ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞」受賞作品展〜
わが国を代表する筆の産地・広島県熊野町より、全国公募の入賞作品の中から50点をお借りして展示します。
 
〜「越前和紙戦国ファッションコンテスト」作品展〜
今年4月に卯立の工芸館にて開催し、大好評であった戦国衣装の作品(一部)を展示します。
 
〜ワークショップ〜
●みんなで吹き流しを作って仙台へ送ろう(会期中・参加無料)
●絵手紙づくり(7月17日(日)・体験料 500円 10:00〜16:00)
●うちわづくり(7月24日(日)・体験料 500円 10:00〜16:00)
 
【産地小学校の取り組み】
流し漉きに挑戦!
(記事掲載:2011年7月7日)
流し漉きを体験する児童たち 本日、卯立の工芸館で岡本小学校5年生の「流し漉き」実習授業が行われました。初めての「流し漉き」に挑戦の児童たちは越前和紙伝統工芸士の指導を受け真剣かつ楽しそうな様子でした。
・関連ページ» 産地小学校の取り組み
 
【産地小学校の取り組み】
紙漉きウィークがスタート
(記事掲載:2011年7月6日)
5日よりスタートした「紙漉きウィーク」。越前和紙産地にある岡本小学校では、紙漉き教室で紙漉き実習があります。伝統ある地場産業に対する理解を深めてもらうためにPTA紙漉き部会協力の下、毎年この時期に行われます。この活動は、児童たちの心に産地としての誇りを芽生えさせ、その気持ちが形となってこれからも代々受け継がれていくことに繋がっていくことでしょう。
・関連ページ» 産地小学校の取り組み岡本小学校ニュース
 
企画展「めくるめく見本帳の世界」開催中
(記事掲載:2011年6月22日)
めくるめく見本帳の世界チラシ 見本帳とは、たくさんの製品サンプルがそのまま綴じられて1冊の本の状態になったもののこと。こういった感じのものが欲しいというぼんやりとしたイメージから、具体的なカタチを生み出すヒントが詰まっているものです。見本帳のページをめくりながら、気に入ったものを選びだすことは、そういった創造性のある行為といえます。
本展覧会では、越前和紙はもちろん、他産地の和紙や、印刷用の紙、トイレットペーパーまで、様々な紙の見本帳を紹介いたします。イメージがカタチへと変わる瞬間を体感していただくとともに、越前和紙の種類の豊富さに触れていただきたいと思います。
 
期間
2011年6月18日(土曜)〜7月31日(日曜) 9:00〜16:00
会場
卯立の工芸館 2階  ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
 
〜「ミニミニ見本帳」をプレゼント!!〜
めくるめく見本帳の世界《ミニミニ見本帳》 ※ご覧いただいたお客様で、ご希望の方は卯立の工芸館受付までお申し出下さい。
(「ミニミニ見本帳」サイズ: 縦40mm.×横105mm.)
 
目指せ!ものづくりマイスター
〜ふくいの伝統工芸体験〜コーナーに越前和紙
(記事掲載:2011年6月14日)
期間
2011年6月18日(土曜)〜6月26日(日曜) 9:30〜17:00
※20日(月)休館日
会場
福井県児童科学館エンゼルランドふくい (福井県坂井市) 入場無料
その他
*越前和紙の体験は、25日(土曜)・26日(日曜)の2日間のみの開催で、紙すき体験(1回\300)と和紙折り紙(無料)をご用意しています。
この機会に是非ふくいの伝統工芸にチャレンジしてみてください。
 
目指せ!ものづくりマイスターチラシ
 
企画展「山野草と和紙が奏でる日本の美」開催中
(記事掲載:2011年6月10日)
企画展「山野草と和紙が奏でる日本の美」
〜 山野草 里山からのメッセージ〜
越前市は、里地・里山再生モデル事業の国指定を受けている地域であり、今なお多くの里地・里山が息づいている地域でもあります。現代の生活の中で、自然とふれあう機会は極めて少なくなって来ております。
私達草景倶楽部は、日本の原風景とも云われるこの里地・里山のすばらしい自然の四季の移ろいを山野草作品を通して、一人でも多くの方々に伝えられればと願い”里山からのメッセージ”をテーマに早春の立春展を第一回とし、年間六回に亘る山野草展を企画いたしました。
此度は、初夏の里山の風景を1500年に亘り引き継がれてきた越前和紙とのコラボで表現いたしました。新緑薫る初夏の風をご堪能頂ければ幸甚に存じます。
主催:草景倶楽部

山野草と越前和紙と日本家屋が織り成す自然の薫り漂う空間で、どうぞおくつろぎ下さい。
 
期間
2011年6月10日(金曜)〜12日(日曜) 9:00〜16:00
会場
卯立の工芸館 座敷・2階 (福井県越前市)
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
 
越前市しきぶお買い物券使えます
(記事掲載:2011年6月9日)
越前和紙の里「パピルス館」および組合直売店「和紙処えちぜん」にて越前市しきぶお買い物券が使えます。越前和紙の伝統技術があったからこそ 透かし入り印刷に適したこのような券が生まれるのです。 »種類:局紙
使用期間は、平成23年5月28日(土)〜平成23年11月27日(日)となっています。是非、越前和紙の里へお越しいただき歴史を学び、技術に触れ、越前和紙のお買い物をお楽しみください。
【産地小学校の取り組み】
楮「芽かき」から学ぶ地場産業
(記事掲載:2011年6月8日)
楮「芽かき」の授業を受ける児童 本日、越前和紙産地にある岡本小学校では、和紙の原料であるの「芽かき」授業が行われました。この原料作り授業は、地域の伝統産業に対する理解をより深めてもらうため組合青年部会の提案より始まりました。少しでも多くの児童たちが越前和紙産地の誇りを胸に次世代へ継承していけるような大人になっていってほしいものです。
・関連ページ» 産地小学校の取り組み
【金沢ペーパーショウ】
越前和紙の伝統技法から広がる製品を出展します
(記事掲載:2011年6月7日)
6月10日〜12日に開催される第40回金沢ペーパーショウ2011に出展する内容として和紙発祥の地越前からは、伝統技法から広がる製品をご紹介いたします。是非お立ち寄りいただき、越前和紙の技をご覧下さい。
 
(出展内容)
  • インクジェット対応和紙
  • 印刷対応和紙
  • 透かし入り和紙
  • ICチップ漉き込み和紙
  • 大判和紙
  • エコロジー和紙
  • 素の紙ブランド商品
  • LED和紙・あかり
  • 加工紙
  • 紙布製品
  • 消臭和紙
  • 画仙紙(絵手紙)
※その他に和紙商品販売、ワークショップコーナー、映画「HESOMORI-ヘソモリ-」コーナー等も設置
がんばろう東北!がんばろう日本!
越前和紙も応援しています
(記事掲載:2011年6月3日)
宮城復興支援センターで活動する方々と越前七夕吹き流し 5月31日〜6月1日、福井県和紙工業協同組合では、越前和紙の独自性をもった復興支援物資のひとつとして「七夕吹き流し製作キット」と「うちわづくり用キット」をお届けに宮城県仙台市へ伺いました。被災された方々のレクリェーションに利用していただくとともに、七夕飾りや和紙うちわを通して避難生活での心の癒しに少しでもお役に立てたらと先般、復興支援センターへ見本をお送りしたところ好評だということでの活動でした。
(写真は、宮城復興支援センターの方々)
 
越前和紙は、被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。
第32回全国和紙展始まります
(記事掲載:2011年6月1日)
明日より7日間、近鉄百貨店で開催される第32回全国和紙展で越前和紙が販売されます。お立ち寄りの際にはぜひお手元にとって和紙を感じてみてください。
 
期間
2011年6月2日(木曜)〜6月8日(水曜)
会場
近鉄百貨店(上本町店)
※イベントスケジュールにてご確認ください
 
第3回越前和紙七夕吹き流しコンテスト
応募締切まであと5日
(記事掲載:2011年5月31日)
第3回越前和紙七夕吹き流しコンテスト【公募】チラシ 「ものづくり」産地・福井県より全国へ向けて募集中の第3回越前和紙七夕吹き流しコンテストは、応募締切6月5日(日)まであと5日となりました。興味をもたれた方、応募に迷っていらっしゃる方、是非、「ものづくり」へチャレンジしてみましょう。
 
〜作り方講習会開催のご案内〜
●6月4日・5日・25日・26日 10:00〜16:00 「卯立の工芸館・別館」
詳細は、七夕吹き流しコンテスト事務局(TEL 0778-42-0016)
または、越前和紙の里ホームページ
第40回金沢ペーパーショウ2011へ出展します
(記事掲載:2011年5月27日)
期間
2011年6月10日(金曜)〜6月12日(日曜) 9:30〜17:00
会場
石川県産業展示館3号館 (石川県金沢市) 入場無料
その他
*詳細は、(株)中島商店様へ*越前和紙は展示・即売いたします。是非お越しください。
 
第40回金沢ペーパーショウ2011チラシ
 
ふくい若手てづくり展
−和紙・漆・刃物・焼き−
 開催中
(記事掲載:2011年5月24日)
期間
2011年5月19日(木曜)〜6月19日(日曜)
10:00〜18:00(最終日 17:00まで)
※ 定休日がございます。会場のスケジュールをご確認ください。
会場
ふくい工芸舎 (福井県福井市)
内容
*これからの福井の伝統工芸を支える若手職人の作品展です。
 
ふくい若手てづくり展−和紙・漆・刃物・焼き−
 
友情ファンタジー映画「ヘソモリ」
県内上映9月3日より開始!
(記事掲載:2011年5月23日)
ヘソモリ先行上映会舞台挨拶越前和紙産地を舞台に繰り広げられる友情ファンタジー映画「ヘソモリ」の先行上映会は、22日(日)、いまだて芸術館内を550人の満席状態で迎えました。上映前より、入谷監督・出演者の永島敏行さん、若林豪さん、村田雄浩さん、谷田歩さんの舞台挨拶で盛り上がり、上映中には子役・エキストラ・産地住人の出演シーンに盛り上がる家族・友人・知人など、会場が一体となって大盛況でした。
(写真は、先行上映会で行った舞台挨拶風景)
 »映画「HESOMORI−ヘソモリ−」
 »HESOMORI公式ホームページはこちら
 
22日いよいよ先行上映会!
(記事掲載:2011年5月20日)
ヘソモリパンフレット 5月22日(日曜)、映画「HESOMORI−ヘソモリ−」の先行上映会が越前市いまだて芸術館でいよいよ開催されます。主演の永島敏行さん・若林豪さん・村田雄浩さんの舞台挨拶が予定されています。越前和紙産地で繰り広げる青春ファンタジー映画「ヘソモリ」の世界をどうぞお楽しみください。
 »HESOMORI公式ホームページはこちら
 
【神と紙のまつり】
豪華大型金封登場!
〜戦国ファッションコンテスト表彰式〜
(記事掲載:2011年5月2日)
大型豪華金封 5月5日(木曜・祝)、神と紙のまつりイベント会場にて戦国ファッションコンテストの表彰式(12:30〜)を行います。大賞(縦570mm.×横420mm.)をはじめとする各部門賞(縦470mm.×横315mm.)の豪華大型金封が越前和紙によってより一層華やかで迫力のある仕上がりとなっております。当日、受賞式会場にてご覧になってみてください。受賞された皆様、おめでとうございます。
 
» 入賞作品はこちら
» 戦国ファッションコンテスト【応募作品展】好評開催中!
 
【神と紙のまつり】
店内商品2割引き!
(記事掲載:2011年4月30日)
和紙処えちぜん店内 5月3日・4日・5日の「神と紙のまつり」期間中のみ、和紙処えちぜんは店内商品2割引き(一部除外品あり)で販売いたします。
 
上記紙匠三氏の和紙をはじめとした紙漉き職人が漉く高級越前和紙が、産地ならではの価格より更に2割引きでお求めいただけるチャンスです!
また、イベント会場恒例の大掘り出し市では「第3回越前和紙七夕吹き流しコンテスト」に向けての越前和紙も特価でご用意しております。
年に一度しかない神と紙の祭りの大得市をどうぞお見逃しなく!
 
ぶらり散策とヘソモリロケ地
(記事掲載:2011年4月28日)
ヘソモリロケ地マップ 心地よい春の空気に触れながら、ぶらり散策いかがですか?和紙の里通りから趣ある五箇の町並みを眺めながら、紙祖神岡太神社・大瀧神社へ歩いてみたり。上映に先駆け映画ヘソモリの世界をちょっとのぞいてみるマップ片手のロケ地巡りへ出かけてみたり。
是非、春の越前和紙産地へお越しください。
 
【神と紙のまつり】
福井県出身アーティストMAGO氏のライブパフォーマンス
(記事掲載:2011年4月27日)
アーティストMAGO氏のライブペインティングの様子 福井市出身アーティストで福井ブランド大使を務められているMAGO氏 (26)が越前和紙に即興で絵を描くライブペインティングを披露します。5月4日、神と紙のまつりイベント会場にて13時30分〜14時の時間帯で開催予定です。
 
(写真は、昨年行われた東京ビッグサイト「デザインフェスタ」でのライブペインティングの様子・使用した和紙=石川製紙(株)製造の画仙紙
 
【神と紙のまつり】
ヘソモリ先行上映会チケット販売します
(記事掲載:2011年4月21日)
ヘソモリパンフレット 5月22日に先行上映会予定の映画「HESOMORI〜ヘソモリ〜」のチケットを神と紙のまつりイベント会場本部にて販売いたします。
料金は、お一人様 2,000円・全席自由です。
 
第3回越前和紙七夕吹き流しコンテスト
【公募】のお知らせ
(記事掲載:2011年4月15日)
昨年、パピルス館に飾られた応募作品 多種多様さが持ち味のひとつである「越前和紙」を活かした七夕吹流しを作って応募してみませんか?
製作期間は十分。個人やグループ、サークルや職場で、どんどんご応募ください。きらりと光る力作をお待ちしています!なお、応募作品は、いまだて芸術館での作品展・審査の後、今夏の七夕飾りとして和紙の里、協賛の県内商店街・観光施設などに飾られます。
(写真は、和紙の里を彩る応募作品−2010年7月パピルス館)
 
〜大賞20万円・準大賞10万円・ほか特別賞多数〜
応募締切
2011年6月5日(日曜)
作品提出
【搬入期日】2011年7月9日(土曜)〜7月11日(月曜)
【搬入場所】越前市いまだて芸術館(越前市粟田部町)
応募料
1作品につき2,000円
お申込・
お問合せ
七夕吹き流しコンテスト事務局(TEL 0778-42-0016)
または、越前和紙の里ホームページをご覧ください。
 
第3回越前和紙七夕吹き流しコンテスト【公募】チラシ 〜制作アドバイスおよび和紙販売会のご案内〜
下記日程にてアドバイス・販売会を開催します。
(収益金は、東日本大震災の義援金にさせていただきます)
●5月3日・4日・5日 10:00〜16:00 「神と紙の郷の春祭り」会場
●6月4日・5日・25日・26日 10:00〜16:00 「卯立の工芸館」1F
ゴールデンウィークは無料観光地回遊バスが走ります
(記事掲載:2011年4月7日)
5月3日・4日・5日は、福井鉄道越前武生駅より無料・乗り降り自由の市内観光地回遊バスが運行されます。越前和紙の里にて皆様のお越しをお待ちしております。
 
●北回り順路(1.→9.の順)
●南回り順路(9.→1.の順)
1.福武線越前武生駅/2.JR武生駅/3.花筐公園/4.紙の文化博物館(和紙の里)/5.紙祖神岡太神社・大瀧神社/6.万葉菊花園/7.紫式部公園/8.蔵の辻/9.越前武生駅
※9:00〜16:00まで30分おきに北回り・南回り交互に運行されます。
お問合せ
観光・匠の技案内所(0778-24-0655)
商業・観光振興課(0778-22-3007)
 
未知の可能性に挑む
〜現代建築における和紙の魅力〜
(記事掲載:2011年4月5日)
4月27日(水曜)、福井県インテリアコーディネーター協会主催の設立20周年記念講演会「未知の可能性に挑む〜現代建築における和紙の魅力〜(講師:堀木エリ子氏)」が開催されます。
※詳細 » 福井県インテリアコーディネーター協会
未知の可能性に挑む〜現代建築における和紙の魅力〜パンフ
 
開催日
2011年4月27日(水曜) 15:00〜17:00(開場 14:30)
会場
バードグリーンホテル(福井県福井市)
入館料
一般:1,000円/会員:無料
お申込
 
日本で唯一!! 紙の神様のお祭り 開催します
(記事掲載:2011年4月4日)
2010年の神輿渡りの風景 福井県の無形民俗文化財、紙祖神岡太神社・大瀧神社の春祭礼は、古式のままに斎行されます。奥の院から里宮への神迎え、各集落への神輿渡り(2011年神輿渡りの順路)、奥の院への神送り…。先払いの天狗、白丁姿の駕与丁番にかつがれたお神輿、万灯に高張り提灯…。
幽玄にしてすさまじい迫力に「日本古来の祭り」そのものを見ます。また、「湯立て神事」「神能舞・紙神楽」の行事も、日本固有の伝統的祭礼の姿を伝承するもので全国でも稀なものです。
(写真は2010年神輿渡御の風景)
 
〜県の無形民俗文化財「神と紙の郷」の春祭り〜
期間
2011年5月3日(火・祝)〜5月5日(木・祝)
会場
内容
1500年前、越前五箇の里人に紙漉きを教えたとされている紙祖神・川上御前を祀る岡太神社・大瀧神社の春祭りです。和紙の里通りでは、年に一度の越前和紙大掘り出し市や食と特産品バザー・こどものふれあい広場・書道パフォーマンスなどイベント盛りだくさんです。
また、今秋先行上映予定の越前和紙・紙漉職人の姿を描いた映画「HESOMORI―ヘソモリ―」の紹介コーナーも設けられます。
(主催:神と紙のまつり実行委員会 0778-43-0875 )
 
〜青山登り〜
5月8日(日)には、「青山登り」があります。大徳山(権現山)山頂付近にそびえるご神木・大杉さん(福井県天然記念物、根回り9.8メートル・高さ23メートル)のもとで集う毎年恒例の行事です。
(主催:岡本地区自治振興会青山のぼり実行委員会 0778-42-1438)

ゴールデンウィークはぜひ越前和紙産地で賑わいましょう。

 
戦国ファッションコンテスト受賞作品発表!
(記事掲載:2011年3月22日)
戦国ファッションコンテスト大賞作品受賞者の皆様おめでとうございます!
3月17日の審査会を経て、作品総数49件の中から見事大賞を受賞したのは、和裁教室様の打掛部門「梅に鶴」(左記写真)になりました。 そのほかの入賞作品の紹介はこちら ≫ 入賞作品一覧
只今応募作品展開催中です。すばらしい作品の数々を是非とも間近でご覧下さい。
また、参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
 
戦国ファッションコンテスト【応募作品展】と
「越前朝倉糸桜まつり」のお知らせ
(記事掲載:2011年3月17日)
3月19日(土曜)〜4月4日(月曜)の期間、大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」放映を記念したイベント戦国ファッションコンテストへ応募されたすべての作品を展示いたします。コンテストの審査および展示会場となる越前和紙の里 卯立の工芸館2階では、すばらしい作品の数々がずらりと並び勇ましく・華やかに戦国時代の雰囲気を演出しています。
 
戦国ファッションコンテスト【応募作品展】風景
 
〜戦国ファッションコンテスト【応募作品展】〜
期間
2011年3月19日(土曜)〜4月4日 5月16日(月曜) 9:00〜16:00
会場
卯立の工芸館 2階 ※毎週火曜日 休館日
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
 
〜越前朝倉糸桜まつり〜
パンフレットに同時掲載の「越前朝倉糸桜まつり」は中止となりました。
<越前和紙戦国ファッションショー>
「越前朝倉糸桜まつり」中止のため、「越前和紙戦国ファッションショー」は延期とさせていただきます。開催日・その他詳細等は、改めてご報告させていただきます。
 
被災地のみなさまへ
(記事掲載:2011年3月15日)
このたびの「東北地方太平洋沖地震」により被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早い被災地の復興をお祈りいたします。
福井県和紙工業協同組合理事長 山田益弘
 
伝統と文化が息づく越前和紙がテレビ番組に登場します
(記事掲載:2011年3月9日)
2月末、越前和紙産地でテレビ番組の取材がありました。今週末放送予定です。是非とも、下記の番組放送予定をご覧いただき伝統ある越前和紙を知っていただけたらと思います。
 
放送予定
【にじいろジーン
「にじいろミラクルチェンジコーナー」】
・フジテレビ(福井テレビ)系列
・2011年3月12(土曜)AM8:30〜9:55
越前和紙漉職人&紙雑貨『紙日和』作家・東野早奈絵さんが登場です。
 
【NEWS ZERO特別版 アートミステリー
なぜ、レンブラントは版画にこだわったのか?】
・日本テレビ(関東ローカル)
・2011年3月12(土曜)AM10:30〜11:25
http://www.ntv.co.jp/rembrandt/events/index01.html
開催日
2011年3月26日(土曜)雨天決行
定員
45名(定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費
1,000円/お一人様
内容
越前和紙の紙漉職人とその仲間が繰り広げる青春ファンタジー映画「HESOMORI−ヘソモリ−」のプレミア試写会チケット,和紙グッズ,軽食・コーヒー,紙漉き体験等、お楽しみな特典付きのツアーです。
» 申し込み方法やツアー工程等の詳細はこちらをご覧下さい。
 
映画「ヘソモリ」ロケ地巡りツアーチラシ表映画「ヘソモリ」ロケ地巡りツアーチラシ裏
東京えちぜん物語・販売会のご案内
(記事掲載:2011年2月23日)
先に開催された「東京えちぜん物語」で出展した越前和紙の品々を下記の日程で販売しております。各会場で取扱品目が異なりますが、是非足をお運びいただき、越前和紙の風情や和紙の感触をお楽しみいただけたらと思います。
 
販売会
【WEBショップAll About スタイルストア】
会期:2011年1月下旬〜
http://stylestore.allabout.co.jp/
※特集ページ「和紙のものがたり」で越前和紙をご紹介いただいています。
 
【インテリアショップMA by So Shi Te】
会期:2011年2月16日(水)〜3月8日(火)
http://www.mabysoshite.com/index.html
※只今、店長ブログで越前和紙商品をご紹介いただいています。
 
【デパート小田急百貨店新宿本店8階 リビング売場】
会期:2011年3月9日(水)〜3月22日(火)
http://www.odakyu-dept.co.jp/shinjuku/index.html
ふくいふるさと市場へ出店します
(記事掲載:2011年2月10日)
3月1日(火)〜3月6日(日)の6日間、西武福井店にて開催される「ふくいふるさと市場大集合」へ出店します。ぜひお立ち寄りいただき伝統工芸品「越前和紙」の魅力に触れてみてください。
 
期間
2011年3月1日(火曜)〜3月6日(日曜)
10:00〜19:30(最終日は〜17:00まで)
会場
西武福井店 6F催事場(福井県福井市)
伝統的工芸品展WAZA2011
(記事掲載:2011年2月8日)
期間
2011年2月24日(木)〜3月1日(火)
10:00〜20:00(最終日は17:00まで)
会場
東武百貨店池袋店 10F催事場-1・2番地-
第2会場:9F呉服「染織繍の世界展」 (東京都池袋)
内容
経済産業大臣指定伝統的工芸品の展示販売、製作実演、指定以外の一般工芸品(ふるさと工芸品)の展示販売、製作実演(主催:財団法人 伝統的工芸品産業振興協会
※伝統工芸品「越前和紙」は販売のみとなっております。
 
伝統的工芸品展WAZA2011(pdf形式:116KB)
東京えちぜん物語 〜ハートにとどく越前のモノづくり〜
(記事掲載:2011年2月2日)
期間
2011年2月14日(月)〜2月15日(火)
10:30〜18:00(15日は16:00終了)
会場
新宿パークタワー・1階ギャラリー (東京都新宿)
*入場無料
内容
紫式部も暮らした歴史と伝統ある街、福井県越前市。
この地域の和紙・打刃物・漆器・木工など、いまの暮らしにとどける新しいモノづくりをご紹介いたします。(主催:東京えちぜん物語実行委員会)
※14日・15日の会期では販売は行いませんが、下記の日程で販売会を実施いたします。尚、各会場で取扱品目が異なりますので、ご了承ください。
 
販売会
【WEBショップAll About スタイルストア】
会期:2011年1月下旬〜
http://stylestore.allabout.co.jp/
 
【インテリアショップMA by So Shi Te】
会期:2011年2月16日(水)〜3月8日(火)
http://www.mabysoshite.com/index.html
 
【デパート小田急百貨店新宿本店8階 リビング売場】
会期:2011年3月9日(水)〜3月22日(火)
http://www.odakyu-dept.co.jp/shinjuku/index.html
 
東京えちぜん物語〜ハートにとどく越前のモノづくり〜チラシ(pdf形式:157KB)
越前市ふるさと市場・いまだて会場へ出店しています
(記事掲載:2011年1月27日)
本日より、30日(日曜)までの4日間、「越前市ふるさと市場(pdf形式:317KB)」の1回目を開催しています。期間中、いまだて芸術館で越前和紙をご購入いただけます。ぜひお立ち寄りいただき会場内をお楽しみください。
 
※関連イベント » 越前市ほっかほかスタンプラリー
 
期間
(1回目)2011年1月27日(木曜)〜1月30日(日曜)
(2回目)2011年2月3日(木曜)〜2月6日(日曜)
時間
(平日)13:00〜17:00/(土日)11:00〜17:00
会場
いまだて芸術館(福井県越前市)
 
越前市ふるさと市場・いまだて会場ポスター(pdf形式:317KB)
 
企画展「和紙と民藝〜くらしのなかの和紙〜」のお知らせ
(記事掲載:2011年1月27日)
「本当にいいものを大切に永く使うことの良さを知っていますか? 生活に必要だからこそつくられたもの。ただいいものを作りたい、そういう気持ちからつくられたもの。それらは決まって、たいへん美しいものになります。そして、くらしのなかに溶け込み、ほのかな温かさや清々しさ、楽しさを私たちに与えてくれます。
「民藝」とは、そういった、くらしのなかにある美を見つけようとする動きのことです。そして和紙は、くらしのなかで育まれてきました。必要に応じて素材や大きさ、厚さを変え、美しい和紙を生み出してきたのです。
本展では、2つの観点から、和紙から作られた家具や道具、玩具を紹介いたします。「民藝」の豊かさとともに、和紙の魅力に触れることができるでしょう。」(越前和紙の里ホームページより)
 
期間
2011年2月5日(土曜)〜3月7日(月曜)9:00〜16:00
※ 定休日:毎週火曜日
会場
卯立の工芸館 2階 (福井県越前市)
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
その他
期間中、講演会「民藝運動と和紙」が行われます。
【講師】杉山享司氏(日本民藝館 学芸部長)
【日時】 平成23年2月20日(日曜)14:00〜
【場所】 卯立の工芸館 1階
【料金】 聴講無料(観覧料は必要になります)
 
企画展「和紙と民藝〜くらしのなかの和紙〜」ポスター
 
越前和紙で作る戦国ファッションコンテスト
【公募】のお知らせ
(記事掲載:2011年1月18日)
”お江”ゆかりの地 越前から、大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」放映を記念して、戦国ファッションコンテストを開催いたします。衣裳の材料に越前和紙を使うことが条件の1つです。その他詳細は、越前和紙の里ホームページをご覧下さい。
パピルス館エントランスに、越前和紙で作った戦国衣装見本が展示中です。このコンテストを機会に、たくさんの方が越前和紙や福井の歴史に触れ、越前和紙や福井の良さを知っていただくことを期待しています。どうぞふるってご応募ください!
 
パピルス館エントランスで戦国衣装展示
 
応募締切
・申込締切:2011年2月14日(月)
・作品提出締切:2011年3月13日(日)
応募料金
1作品につき2,000円
その他詳細
お問い合せ
・紙の文化博物館 TEL:0778-42-0016 FAX:0778-42-3260
・朝倉氏遺跡保存協会 TEL:0776-41-2330
 
戦国ファッションコンテストポスター
 
「おびな」と「めびな」、和紙でひなまつり
(記事掲載:2011年1月18日)
企画展「和紙・彩々〜新しき年を迎えて〜」
 
当組合の直売店「和紙処えちぜん」では、ひなまつり商品がずらりと並びはじめました。タペストリー、色紙、張り子などが店内をひなまつりムードで彩っています。写真は、越前和紙で折った「おびな」と「めびな」。使用した和紙は、『越前ろまん(15cm)柄10種類−各3枚・計30枚入 788円』。ちょっとしたスペースに飾ると和紙の持つやさしい風合いが暖かみをプラスしてくれます。
ご自宅で気軽に楽しめる折り紙の本もございますので、越前和紙の里パピルス館1階「和紙処えちぜん」へどうぞお立ち寄りください。
 
企画展「和紙・彩々〜新しき年を迎えて〜」開催中
越前和紙と炭・山野草とのコラボレーション作品展
(記事掲載:2011年1月13日)
越前和紙をベースに、炭や山野草とのコラボレーション作品展が卯立の工芸館で開催中です。日本の伝統文化としての「和紙と炭」そして季節を彩る山野草から新しい美が創りだされています。どうぞ森の静寂にひたりながら、ごゆっくりおくつろぎいただき、ご鑑賞ください。(主催:越前市八ツ杉森学習センター
企画展「和紙・彩々〜新しき年を迎えて〜」
 
期間
2011年1月30日(日曜)まで
※ 定休日:毎週火曜日
会場
卯立の工芸館 座敷・2階 (福井県越前市)
入館料
大人200円(団体150円)・小中生100円(団体50円)
 
期間
2011年1月13日(木曜)〜2月6日(日曜)
10:00〜18:00(最終日は〜17:00まで)
※ 定休日がございます。会場のスケジュールをご確認ください。
会場
ふくい工芸舎 (福井県福井市)
内容
*越前和紙における現代の紙匠「九代目 岩野市兵衛氏/三代目 岩野平三郎氏/福田忠雄氏」のご紹介 *様々な和紙製品の展示 *若手職人工芸作家「東野早奈絵氏」の工芸品展 および 豆本教室も同時開催
 
越前和紙展〜ふくいの紙〜越前和紙の技と職人
 
「福井県越前・若狭の物産と観光展」に出展します
(記事掲載:2011年1月7日)
福井県越前・若狭の物産と観光展
 
期間
2011年1月27日(木曜)〜2月1日(火曜)
10:00〜20:00(最終日は〜17:00まで)
会場
 
東京銀座で「越前の手仕事」展開催されます
(記事掲載:2011年1月7日)
1月18日(火曜)から24日(月曜)の7日間、伊東屋銀座本店イベント「越前の手仕事」にて越前和紙を含む越前伝統工芸品の展示・販売が行われます。
是非お立ち寄りいただき、ものづくり越前の魅力に触れてみてください。
 
期間
2011年1月18日(火曜)〜24日(月曜)
会場
伊東屋銀座本店(東京都 銀座)
 
越前和紙|福井県和紙工業協同組合ロゴ
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
TEL:0778-43-0875 / FAX:0778-43-1142 / E-mail:info@washi.jp
Copyright (c) 2004-2017 福井県和紙工業協同組合 All rights reserved